■設立目的と経緯
 21世紀となり、人類はいま限りある地球を知り、地球の将来を考えなければなりません。
 静岡大学は、昭和24年(1949)創立以来、様々な研究や教育に取り組んできました。大学における創造的活動がどのようにして、またどのような物を通して行われてきたのかを知ることは、先人の知恵を譲り受け、新たな活動の原点ともなります。
 キャンパスミュージアムは、静岡大学の知的財産を受け継ぎ、それらを基に更に発展させる場です。今までどのような研究が行われてきたか、そして今後何が行われていくのか、ご自分の目で確かめてみて下さい。

→ ニュースレターno.02 P2 (PDF 2,773KB)

■沿革
 キャンパスミュージアムは、これまで学内のさまざまな場所に残されていた研究資料を整理・保存し、再利活用することを目的として、平成8年(1996年)に設立された学内共同施設です。大学創立50周年(平成11年)にあわせて公開されました。