超領域研究推進本部本部長挨拶

超領域研究推進本部本部長:木村雅和理事(研究・社会産学連携担当)

木村雅和理事 このたび平成28年4月から第3期(平成28~33年度)中期目標・中期計画期間がスタートしました。平成28年度は学部改革の実行により、全学部の学問領域を横断する教育プログラム「地域創造学環」の創設をはじめ、地域に必要とされる人材、グローバル人材、理工系人材といった人材育成や、教員養成機能の充実が進められています。そして、今後は大学院の改革を予定しています。
 研究面では、これまでの4分野から、ICTをベースにしたリーディング3研究分野(光応用・イメージング、環境・エネルギーシステム、グリーンバイオ科学)を重点研究分野に定め、これらを核に組織的研究の推進体制の整備や研究マネジメント機能の強化を予定しています。超領域研究推進本部においても、新体制の下、3つの重点研究分野を中心に、異分野の連携・融合による一層の成果の創出、分野を超えた超領域研究による新研究領域の開拓やプロジェクト研究の推進、国際的な研究人材の育成、外部資金獲得の向上を目指してまいります。
 今後も「知」の拠点である大学として、一層社会・地域のニーズに応えるべく取り組んでいきたいと思いますので、どうぞご期待ください。



超領域研究推進本部統括挨拶

超領域研究推進本部統括:齋藤隆之教授

齊藤隆之統括  超領域研究推進本部の活動が始まって6年目を迎えました。この間、世界の大学を取り巻く環境は著しく変化しています。教育と研究の本質は変わりませんが、特に我が国の国立大学にはその変化を自らの成長に取り込んでいく逞しさが求められています。「ミッションの再定義」、「国立大学改革プラン」を越える、より一層の大学改革が必要と思われます。静岡大学においても、国立大学改革強化推進事業「全学的な教育改革・組織改革によるグローバル人材育成機能の強化-ターゲット・アジア人材育成拠点の構築-」(アジアブリッジプログラム)をはじめとした大学改革を実行しています。
 超領域研究推進本部では、従来のミッションである重点研究分野の連携による格段の成果の創出や重点研究分野を超えた連携・融合による新研究領域の開拓と国際的に通用する研究人材育成等を更に推進しています。
 超領域研究推進本部は従来の部局とは異なる組織です。全学横断的な組織として、静岡大学の研究力強化に向けた体制の中心となるよう取り組んでいますので、皆様の御支援をどうぞ宜しくお願いします。

静岡大学
超領域研究推進本部
〒422-8529
静岡市駿河区大谷836
TEL:054-237-1111(代表)

静岡大学