超領域研究推進本部本部長就任挨拶

超領域研究推進本部本部長:木村雅和理事(研究・社会産学連携担当)

木村雅和理事 平成27年4月1日付けで、超領域研究推進本部長に就任しました木村雅和です。
 静岡大学では、浜松医科大学・光産業創成大学院大学・浜松ホトニクス㈱とともに、“いつまでも若く、安心して、有意義な生活を送れる社会”を実現するため、産学連携による「時空を超えて光を自由に操る革新的研究開発」を目指しています。その拠点の1つとして、昨年度浜松キャンパス構内に光創起イノベーション研究拠点棟が竣工され、最新鋭の研究設備が整備されつつあります。
 また、平成27年4月からは、全学教育基盤機構、総合科学技術研究科(修士課程)及び学術院を設置し、教育面やガバナンス面においても静岡大学は大きく変わりました。さらに平成28年度には学部改革、平成30年度には大学院の改革を予定しています。
 超領域研究推進本部でも、今年は第2期(平成22年度~平成27年度)中期目標・中期計画期間の最終年度として、これまでの総括とともに、第3期(平成28年度~平成33年度)中期目標・中期計画の更なる超領域研究の推進、一層の研究成果の創出を目指し、重点研究分野の再考を含め検討を進めています。
 今後も「知」の拠点である大学として、一層社会・地域のニーズに応えるべく取り組んでいきたいと思いますので、どうぞご期待ください。



超領域研究推進本部統括挨拶

超領域研究推進本部統括:齋藤隆之教授

齊藤隆之統括 世界の大学を取り巻く環境は著しく変化しています。教育と研究の本質は変わりませんが、特に我が国の国立大学にはその変化を自らの成長に取り込んでいく逞しさが求められています。「ミッションの再定義」、「国立大学改革プラン」を越える、より一層の大学改革が必要と思われます。静岡大学においても、国立大学改革強化推進事業「全学的な教育改革・組織改革によるグローバル人材育成機能の強化-ターゲット・アジア人材育成拠点の構築-」(アジアブリッジプログラム)をはじめとした大学改革を実行しています。
 超領域研究推進本部では、従来のミッションである第2期中期計画に定めた重点研究4分野(アジア研究、極限画像科学、ナノバイオ科学、グリーン科学技術)の連携による格段の成果の創出や重点研究分野を超えた連携・融合による新研究領域の開拓と国際的に通用する研究人材育成等を更に推進しています。平成26年12月1日・2日に開催した国際シンポジウムでは、「日本・インドネシア国際連携による超領域研究の展開-静岡大学アジアブリッジプログラムとの連携-」をテーマとして、静岡大学の研究力強化・グローバル化の推進に向けた発表や討論を実施しました。同年9月には、静岡大学グリーン科学技術研究所がインドネシア科学技術評価応用庁(BPPT)と部局間協定を締結し、研究・人材交流は深化の段階へと進みました。
 超領域研究推進本部は従来の部局とは異なる組織です。全学横断的な組織として、静岡大学の研究力強化に向けた体制の中心となるよう取り組んでいますので、皆様の御支援をどうぞ宜しくお願いします。

静岡大学
超領域研究推進本部
〒422-8529
静岡市駿河区大谷836
TEL:054-237-1111(代表)

静岡大学