HOME > イベント一覧 > 講演会「フィリピンから母子保健、支援を考える」開催のお知らせ

イベント

講座・講演講演会「フィリピンから母子保健、支援を考える」開催のお知らせ

2014.05.16

フィリピンから母子保健、 「支援」を考える
助産師・冨田江里子さん/希望に満ちる家・倉本陽子さんを迎えて

フィリピンで無料の助産所「バルナバ・マタニティクリニック」を開設して、寄付金や支援物資をもとに活動をおこなっている冨田江里子さん、子どもたちの就学の場を運営する倉本陽子さんをお迎えし、お話をうかがいます。
クリニックに来るのはどんな人? ゴミ山で暮らす人びとの生活は、私たちは、どのようにつながっているんだろう? 「支援」って何だろう?……じつは、フィリピンを知ることは、私たちの生活を知ること。年に1度の機会です。ぜひ足をお運び下さい。
【ブログは「フィリビン、貧しい母子のためのクリニックより」】

◆冨田江里子さん
1997年からIKGS緑化協会現地調整員としてフィリピン・スービック(ピナツボ山麓)に滞在。無料診療所(助産所)を開設、運営。助産所業務のほか、医療援助もおこなっている。活動が認められ2003年に保健所として認可される。「助産雑誌」(医学書院)に『バルナバクリニック発ぶつぶつ通信』を好評連載中。2007年1月MBS系列「情熱大陸」、2014年1月テレビ朝日「世界の村で発見!こんなところに日本人」で活動紹介、『フィリピンの小さな産院から』(石風社)を刊行。
開催日 2014年07月08日()
時間 18:30~20:30(18:15開場)
場所 パルシェ7階 第一会議室
参加費 無料
イベント詳細 申込み:不要(直接会場へ)
主催:静岡大学人文社会科学研究科臨床人間科学専攻
問い合わせ:白井千晶(shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp)

イベント一覧( カレンダー テキスト )に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。