平成16年度「特色ある大学教育支援プログラム」に採択

 文部科学省が大学・短大の教育面での優れた取り組みに対し、予算を重点配分する「特色ある大学教育支援プログラム(教育GP)」に、本学情報学部の取り組みが採択されました。
 同プログラムへは、複数校による共同申請を含めると534件の申請がありましたが、採択されたのはわずか58件でした。
 今回、本学が採択されたのは、これまで情報学部で取り組んできた『多角的評価で磨く文工融合型情報学教育』で、「徹底した評価システムと評価結果のフィードバックによるPDCA (Plan-Do-Check-Action) サイクルの実践」や「学科の枠を超えたカリキュラム編成で実現した2学科3プログラム制」等、5つの項目をその特色としています。

採択されたテーマ『多角的評価で磨く文工融合型情報学教育』の詳細(情報学部HP)
平成16年度「特色ある大学教育支援プログラム」審査結果について(文部科学省HP)
→特色GPシンポジウム「21世紀の情報学教育を考える」を開催(2005.03.08/アクトシティ浜松)

▼関連新聞記事
〔静岡新聞:平成16年7月31日朝刊29面掲載〕

戻 る