2010/12/28

静岡大学遺伝子実験体験講座2010「遺伝子の世界を見てみよう」を開催しました。

去る平成22年12月23-24日に、静岡大学遺伝子実験施設において静岡県下高校生を対象とした静岡大学遺伝子実験体験講座2010「遺伝子の世界を見てみよう」が開催されました。
当日は10高校より18名の生徒が集まり、遺伝子実験施設専任教員・技術員・ティーチングアシスタントと共に、自分の細胞から抽出したDNAを増幅する実験や遺伝子組換えにより光る大腸菌を作製する実験を2日間にわたって体験しました。日頃見る機会の無い機器を使用しての実験に、生徒たちは「大腸菌を増幅させたり、自分のDNAを抽出して調べたり、ふだん出来ない貴重な体験が出来た。」「大腸菌がきれいな蛍光色に光っているのを目の前で見ることが出来て感動した。」と、目を輝かせて語っていました。
この活動は平成22年度独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けて実施したものです。

実験に夢中になる高校生 実験道具を使って
<実験に夢中になる高校生> <実験道具を使って>