2011/03/18

学生による災害ボランティア活動自粛について

被災地では、現在救護活動を最優先に行っており、被災状況の把握ができていないこと、また、余震・原発事故の影響による二次災害の危険性が非常に高いこと等、様々な状況から近隣の災害ボランティア以外を受け入れる体制は整っておりません。

当分の間、本学の学生は被災地へのボランティア活動は自粛してください。

なお、今後のボランティア活動への対応については、現地の受入れ状況等を勘案し、後日本学ホームページに掲載することとしています。

学生支援担当副学長