Shizuoka University Law School
入試の情報
過去の入試問題
2012(平成24)年度入学試験問題

小論文試験
 

*著作権の関係上、問題文についてはさしあたり、各出題文ファイル中で出典および分量のみを掲載しています。
【A日程】
出題文

【B日程】
出題文

【C日程】
出題文



法律学試験
 

【A日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)

 

【B日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)

 

【C日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)



2011(平成23)年度入学試験問題

小論文試験
 

 問題文については、さしあたり出典および分量のみを掲載しています。
【A日程】
出題文
問題文A
内田魯庵『社会百面相』岩波文庫(1902年)44―47頁
問題文B
新井直之『新聞戦後史』栗田出版会(1972年)235−242頁
問題文C
前沢猛『マスコミ報道の責任』三省堂(1985年)195−208頁
問題文D
朝日新聞社編『新聞なんていらない?』朝日新聞出版(2005年)92−96頁
分量
問題文A〜Dあわせて約11000字


【B日程】
出題文
問題文A
黒澤祐介「ケア・コミュニティ・世代間交流」広井良典・小林正弥編著『コ
ミュニティ』勁草書房(2010年)181−189頁
問題文B
広井良典『コミュニティを問いなおす−つながり・都市・日本社会の未来』ち
くま新書(2009年)81−85頁
問題文C
竹井隆人『社会をつくる自由−反コミュニティのデモクラシー』ちくま新書
(2009年)7−15頁
分量
問題文A〜Cあわせて約9500字


【C日程】
出題文
問題文A
本田和子『それでも子どもは減っていく』ちくま新書(2009年)176−184頁
問題文B
藤川大祐『ケータイ世界の子どもたち』講談社現代新書(2008年)152−158頁
問題文C
岩宮恵子『生きにくい子どもたち』岩波現代文庫(2009年)102−107頁
分量
問題文A〜Cあわせて約9900字



法律学試験
 

【A日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)

 

【B日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)

 

【C日程】
憲法(1時間30分;100点満点)
民法(2時間30分;150点満点)
刑法(1時間30分;100点満点)
刑事訴訟法(1時間30分;100点満点)



2010(平成22)年度入学試験問題
小論文試験
 

 問題文については、さしあたり出典および分量のみを掲載しています。著作権者の許諾が得られましたら、随時掲載します。

出題文

問題文A

前田雅英「裁判員裁判−目には明(さや)かに見えねども」UP443号(2009年9月)1−5頁

40字×128行(空白行・専門用語の説明を含む;以下同様)

問題文B

但木敬一『司法改革の時代』中公新書ラクレ(2009年5月)184−206頁

40字×303行

問題文C

石松竹雄/伊佐千尋『裁判員必携―批判と対応の視点から』ちくま新書(2009年8月)15−22頁

40字×106行

分量

問題文A・B・Cあわせて18000字あまり。



法律学試験
 

憲法(2時間;100点満点)

民法(3時間;150点満点)

刑法(2時間;100点満点)

  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。


2009(平成21)年度入学試験問題
小論文試験
 

*すべての著作権者の許諾が得られましたので、問題文を完全公開いたしました。なお、問題中の文章のホームページへの掲載については、いずれも著作権者の許諾を得てあります。当該部分の他への掲載・引用には、別途著作権者の許諾を得る必要があります。


既修者認定試験
 

憲法(2時間;100点満点)
民法(3時間;150点満点)
刑法(2時間;100点満点)
民事訴訟法(2時間;100点満点)
刑事訴訟法(2時間;100点満点)

  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。


2008(平成20)年度入学試験問題
小論文試験
 

 問題文のうち、著作権者の許諾を得られなかったものについては、出典情報・文字数のみの記載となります。

出題文

問題文A
ユルゲン・ハーバマス(三島憲一訳)「ヨーロッパ要塞とドイツ」『思想』(岩波書店、1993年)5−8頁
文字数:40字×95行

問題文B
ホームページへの掲載については、著作権者の許諾を得てあります。当該部分の他への掲載・引用には、別途著作権者の許諾を得る必要があります。

問題文C
 梶田孝道ほか『顔の見えない定住化−日系ブラジル人と国家・市場・移民ネットワーク』(名古屋大学出版会、2005年)124−130頁
文字数:40字×130行

問題文D
  宮島喬・太田晴雄編『外国人の子どもと日本の教育−不就学問題と多文化共生の課題』(東京大学出版会、2005年)60−64頁
文字数:40字×107行


既修者認定試験
  憲法(2時間;100点満点)
民法(3時間;150点満点)
刑法(2時間;100点満点)
民事訴訟法(2時間;100点満点)
刑事訴訟法(2時間;100点満点
  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。



2007(平成19)年度入学試験問題
小論文試験
  *問題中の文章のホームページへの掲載については、いずれも著作権者の許諾を得てあり ます。当該部分の他への掲載・引用には、別途著作権者の許諾を得る必要があります。


既修者認定試験
   憲法(2時間;100点満点)
 民法(3時間;150点満点)
 刑法(2時間;100点満点)
 民事訴訟法(2時間;100点満点)
 刑事訴訟法(2時間;100点満点
  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。




2006(平成18)年度入学試験問題
小論文試験
  * 問題中の文章のホームページへの掲載については、いずれも著作権者の許諾を得てあります。当該部分の他への掲載・引用には、別途著作権者の許諾を得る必要があります。


既修者認定試験
   憲法(2時間;100点満点)
 民法(3時間;150点満点)
 刑法(2時間;100点満点)
 民事訴訟法(2時間;100点満点)
 刑事訴訟法(2時間;100点満点)
  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。





2005(平成17)年度入学試験問題
既修者認定試験
   憲法(2時間;100点満点)
 民法(3時間;150点満点)
 刑法(2時間;100点満点)
 民事訴訟法(2時間;100点満点)
 刑事訴訟法(2時間;100点満点)
  * いずれも他への掲載・引用は禁止します。






このページのトップに戻る
 
 
法学科で開講されているカリキュラム News & Archive
ホームに戻る
Copyright 2005 Shizuoka Law School  
サイトマップ 法科大学院事務室 静岡大学