HOME > ニュース一覧 > 第5回超領域研究会を開催しました

ニュース

トピックス第5回超領域研究会を開催しました

2013.06.25

静岡大学超領域研究推進本部は、第5回超領域研究会を本学の教員・学生約110名の出席により6月21日(金)に開催しました。

若手研究者による研究発表
(阪東一毅講師)

研究会ではまず始めに、平成24年度に教育研究プロジェクト推進経費「若手研究者支援」を受けた教員の中から6名の教員による研究発表が行われました。
続いて、齋藤統括から「超領域研究推進本部の今後の方針」について説明が行われ、その後、「静岡大学の新たな連携・共同研究基盤の構築に向けて」と題し、3名の教員による講演が行われました。
最後に、東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター増田昌敬准教授による「海洋メタンハイドレートからのガス商業生産に向けて-新しい国産資源の開発を目指す科学技術の挑戦-」と題した特別講演が行われました。
また、平成24年度に「若手研究者支援」を受けた教員によるポスターセッションも実施されました。
本研究会が、異なる学問分野の教員が連携した研究への取組みや、新たな研究領域の開拓につながる契機になることが期待されます。


講演「静岡大学の新たな連携・
共同研究基盤の構築に向けて」
(朴 龍洙教授)


    特別講演
(東京大学 増田昌敬准教授)

日時:平成25年6月21日(金)
会場:佐鳴会館

研究会の内容
○若手研究者による研究発表
 阪東一毅講師 「有機単結晶微小共振器構造における励起子ポラリトン」
 峰野博史准教授「レガシー機器のスマート制御環境構築とその応用研究」
 三井正明准教授
 「光電流-発光顕微計測による色素増感太陽電池の特性とキネティクスの局所分析」
 庭山雅嗣准教授「近赤外光を用いた無意識・無拘束・無侵襲的な血液循環動態計測」
 加藤雅也准教授
 「カンキツ果実の赤色色素、β-シトラウリンの生合成メカニズムの解明」
 根尾陽一郎准教授「高誘電体有機高分子P(VDF-TrFE)のナノファイバーの配向制御及び
 それを用いた繊維型圧電デバイスに関する研究」
○超領域研究推進本部の今後の方針の説明
 齋藤隆之超領域研究推進本部統括
○講演「静岡大学の新たな連携・共同研究基盤の構築に向けて」
 鈴木久男教授 -改組による浜松キャンパスの新たな連携と共同研究-
 朴 龍洙教授 -生物産業における連携・共同研究-
 青木 徹准教授 
 -センシング・イメージングをベースにした連携研究 ~放射線計測を例にして~-


○特別講演
 東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 増田昌敬准教授
 「海洋メタンハイドレートからのガス商業生産に向けて-新しい国産資源の開発を目指す
 科学技術の挑戦」
○ポスターセッション


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。