HOME > ニュース一覧 > 放射線取扱主任者試験に理学部生19名が合格しました

ニュース

ニュース放射線取扱主任者試験に理学部生19名が合格しました

2013.11.08

放射線障害防止法に基づき原子力規制委員会登録試験機関である公益財団法人原子力安全技術センターが実施した放射線取扱主任者試験に理学部生19名(一種17名(卒業生1名含む)、二種2名)が合格しました。ほとんどの学生が学部3年生でしたが、学部2年生でも合格者がいました。また、全国平均を上回る合格率でした。
本学理学部では特色ある教育の一環として放射科学教育を推進しており、放射線取扱主任者試験に対応した放射化学、放射線物理学、放射線生物学、放射線計測・管理学、法令を教育カリキュラムに組み込み、在学中に国家資格取得を奨励しています。(法令は単位対象外)また、文部科学省および経済産業省の原子力人材育成プログラムに採択されており、座学のみならず実習を含めた充実した放射科学教育を提供しており、その成果が実った結果と言えます。
なお、第1種及び第2種放射線取扱主任者免状は、放射線取扱主任者試験合格後に、原子力規制委員会又は原子力規制委員会の登録を受けた者(登録資格講習機関)の行う講習を修了した者に対し、原子力規制委員会より交付されます。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。