HOME > ニュース一覧 > 人文社会科学部社会学科歴史学コース 古文書目録の贈呈式が行われました

ニュース

ニュース人文社会科学部社会学科歴史学コース 古文書目録の贈呈式が行われました

2014.03.13

葵区中平で本学が作成した古文書目録の贈呈式が行われました
(人文社会科学部 社会学科 歴史学コース 准教授 今村直樹)

贈呈式の様子
(左中央:今村准教授)


目録の一部

3月9日、葵区中平にて、同地区見城氏所蔵の古文書目録の贈呈式が執り行われました。
今村直樹准教授が所属する日本史学研究室では、昭和47年度から静岡県内の古文書調査事業を継続的に行っており、とくに昭和63年度からは、静岡市との共同事業「静岡市古文書調査事業」の一環として、市内の古文書を調査後、目録を作成して所蔵者に贈呈する取り組みを行っています。
今回の調査では、253点の古文書の存在が確認され、江戸時代における中平地区での人びとの暮らしぶりや、当時の村社会の様子を知りうる興味深い史料を、数多く見出すことができました。
当日は中平公民館にて、所蔵者の見城氏へ研究成果の説明と、整理した古文書ならびに作成した目録を返却しました。
古文書の中には、村へ財産を差し出す代わりに老後の面倒を見てもらえるよう依頼する証文などの貴重な史料が多く、参加者は今も昔も変わらない人と人との繋がりの在り方に思いを馳せながら、説明を興味深く熱心に聞いていました。
本取組みは、静岡市との連携のもと今後も発展させていくつもりであり、今後は研究成果を地域社会に還元するための現地発表会や、学術誌等における調査した古文書の史料紹介なども予定されています。

☆歴史学コースにご興味ある方はこちら☆
http://www.hss.shizuoka.ac.jp/shakai/history/index.html(webサイトリンク)


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。