HOME > ニュース一覧 > 大学院理学研究科清水扇丈教授が,Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards(Alexander von Humboldt 財団・ドイツ)を受賞しました

ニュース

受賞・表彰大学院理学研究科清水扇丈教授が,Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards(Alexander von Humboldt 財団・ドイツ)を受賞しました

2014.06.26

大学院理学研究科清水扇丈教授が,Friedrich Wilhelm Bessel Research Awards
(Alexander von Humboldt 財団・ドイツ)を受賞しました。

○2014年3月21日、ドイツBambergでの表彰式にて

フンボルト財団長 Helmut Schwarz教授(左)から賞状授与


共同研究者のHalle大学のJan Pruess教授(右)と

 受賞の理由は、「Navier-Stokes方程式の自由境界問題,R-有界性、作用素Fourier-multiplierの定理,最大正則性理論に対する貢献」によるものです。
 Friedrich Wilhelm Bessel Research Awardsは、学位取得後18年以内の世界的に有名で,専門分野に生産的な影響をもち、将来的に最先端の活動を生産し続けることが期待される学者に授与される賞です。
 ドイツの共同研究者によりノミネートされ、受賞者は1年未満のドイツ研究滞在に招聘されます。1年間に25名以内が選定され、副賞は45,000ユーロです。
 URL address: http://www.humboldt-foundation.de/web/bessel-award.html
http://www.humboldt-foundation.de/pls/web/pub_laudatio.main?p_lang=en&p_fgb=2A


清水教授(左端)とドイツJpachim Gauck大統領(左から2番目)


清水教授(左)とカナダの受賞者

2014年6月3日にドイツBerlinでの大統領邸 (Schloss Bellevue)での園遊会にて


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。