HOME > ニュース一覧 > 情報学部 竹林研究室の取り組みがHELPMAN JAPANに取り上げられました

ニュース

ニュース情報学部 竹林研究室の取り組みがHELPMAN JAPANに取り上げられました

2015.01.27

竹林洋一教授の研究室では認知症情報学に取り組んでおり,人工知能や情報技術を活用した認知症の人の心の理解やコミュニケーション支援に関する研究を行っています.この記事では,研究の思想性や学生による研究内容が紹介されています.

HELPMAN JAPANのサイトはこちらのURLからご覧ください。
http://helpmanjapan.com/article/4175


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。