HOME > ニュース一覧 > FM.Hi ゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学若手重点研究者 工学部平川和貴准教授が出演しました

ニュース

ニュースFM.Hi ゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学若手重点研究者 工学部平川和貴准教授が出演しました

2015.07.24

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76・9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務める番組です。毎週木曜日17時25分から17時40分にオンエアしていますが、今年度から、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに若手重点研究者の教員に各月で出演いただいています。

平川和貴准教授

 今回のゲストは、工学部平川和貴准教授で、7月9日(木)に生放送で行われました。
 平川准教授の専門は「光(ひかり)化学」。現在の研究を始めたのは、前任地の三重大学医学部の助手のときに光を使ってがんを治すことができることを知り、光化学で人の役に立てる研究ができればと思ったことがきっかけだそうです。

〇光増感剤はどの様にして腫瘍に集めますか。
腫瘍は貪欲で薬剤を取り込みやすい性質があるため、現時点では、腫瘍にしか集まらない光増感剤がなく、腫瘍にだけ光を照射することで正常組織と差別化されます。
〇薬剤へ照射する光の量はどの程度ですか。
赤い色の光を使いますが、いわゆるレーザー治療よりもはるかに弱い(太陽の光程度)ため、光で焼くような量ではありません。治療用の光を直接目で見ることは危険ですが光だけで何か障害が起こるような強さではありません。
現在の大きな壁は何ですか。
がん細胞にしか作用せず、治療が終われば速やかに排出される性質をもった光増感剤の開発といえます。
〇先生の休日の過ごし方や趣味はなんですか。
子どもと遊ぶこと。畑で野菜作り。たくさん収穫できた時にはご近所の方にお裾分けもします。


研究室で学生の実験を見守る
平川准教授


研究室で学生の実験を見守る
平川准教授

〇静大生へのエール
学生時代は千葉県におり、サイクリング部に所属して、よく1日で廻れる場所をサイクリングしました。大学4年間は長いようで短いので、勉強以外でも良いので、学生時代にしかできないことをやってほしいと思います。静岡大学には好奇心旺盛な学生さんが入学されると活躍の機会がたくさんあると思います。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。