HOME > ニュース一覧 > 静岡大学超領域研究推進本部第6回国際シンポジウムを開催しました

ニュース

ニュース静岡大学超領域研究推進本部第6回国際シンポジウムを開催しました

2016.12.21

インド工科大学 Prof.N.Venkata Reddyによる基調講演


学生ポスターセッションの様子

 静岡大学は、去る12月8日(木)・9日(金)に、「静岡大学超領域研究推進本部第6回国際シンポジウム- アジア諸国とのパートナーシップによる超領域研究の強化 –」を静岡大学浜松キャンパスS-Portにおいて開催しました。本シンポジウムには、海外5大学(インド工科大学、国立台湾大学、香港理工大学、浙江大学、慶北大学校)及び国内2機関(国立遺伝学研究所、奈良先端科学技術大学院大学)から11名の研究者と、日韓農食品文化学生交流団の教員及び学生24名をお招きし、静岡大学の教職員・学生を含め、約160名が参加しました。
 初日は、伊東幸宏学長の挨拶に続き、超領域研究推進本部統括の齋藤隆之教授から静岡大学の研究力向上、グローバル化に向けた超領域研究推進本部の活動等についての説明が行われ、続いて日韓農食品文化学生交流団の団長Prof. Shin-Kyo Chung(慶北大学校)による挨拶があった後、インド工科大学Prof. N. Venkata Reddyから「Research at IIT Hyderabad and Collaboration with Japan」と題した基調講演がありました。その後、国内外の研究者により静岡大学の第三期中期目標・中期計画期間における重点研究3分野(光応用・イメージング、環境・エネルギーシステム、グリーンバイオ科学)等に関係する研究成果等の講演と学内外の学生によるポスターセッションが行われました。
 2日目は、前日に引き続き、国内外の研究者による講演、学生によるポスターセッション、静岡大学の土生英里教授によるアジアブリッジプログラムの説明が行われました。
 最後に、超領域研究推進本部長の木村雅和理事(研究・社会産学連携担当)から閉会挨拶があり、今後も国際連携による超領域研究の展開と国際的に通用する研究人材育成等を推進することとし、盛況のうちに閉会しました。

○シンポジウムの内容
12月 8日(木)

学長挨拶(静岡大学 伊東幸宏学長)          
超領域研究推進本部について(静岡大学超領域研究推進本部 齋藤隆之統括)
日韓農食品文化学生交流団 団長挨拶(慶北大学校 Prof. Shin-Kyo Chung)
基調講演(インド工科大学ハイデラバード校 Prof. N. Venkata Reddy)
香港理工大学 Asst. Prof. Hui Tang
浙江大学 Prof. Jianhua Qi
静岡大学 富田因則教授
静岡大学 小野篤史准教授
学生ポスターセッション<第1部>
12月 9日(金)
静岡大学 成川礼講師
国立遺伝学研究所 武藤彩助教
慶北大学校 Prof. Joong-Ho Kwon
静岡大学 二又裕之教授
静岡大学 真田俊之准教授
奈良先端科学技術大学院大学 太田淳教授
静岡大学 廣本宣久教授
国立台湾大学 Prof. Din Ping Tsai
アジアブリッジプログラムについて(静岡大学グローバル企画推進室 土生英里教授)
学生ポスターセッション<第2部>
閉会挨拶(静岡大学  木村雅和理事(超領域研究推進本部長))


集合写真
集合写真

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。