HOME > ニュース一覧 > FM.Hiゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学第三期若手重点研究者出演企画 第5回目は、人文社会科学部 今村 直樹(いまむら なおき)准教授が出演しました

ニュース

ニュースFM.Hiゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学第三期若手重点研究者出演企画
第5回目は、人文社会科学部 今村 直樹(いまむら なおき)准教授が出演しました

2017.02.20

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務める番組です。1月よりパワーアップして毎週木曜日夕方5時23分から5時53分に枠が拡大。バージョンアップしたこの番組では、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に各月で出演いただいています。
 今回のゲストは、人文社会科学部 今村 直樹(いまむら なおき)准教授で、2月16日(木)に生出演いただきました。

 今村 直樹先生の専門は、「日本近代史・近代史」。熊本県生まれ。
趣味は、お酒を飲むこと、スポーツ観戦(特にプロ野球と高校野球など)、昆虫採取だそうです。

 今回は先生の研究内容から趣味の話など、日頃大学では、聞くことのない内容にもお話し頂きました。

写真奥が今村准教授


故郷の熊本について
熱い思いを語る今村准教授

●先生が最近注目している出来事・ニュースを教えてください。
 イギリスのEU離脱とアメリカでのトランプ大統領の就任です。

●現在の研究を行うきっかけは何ですか。
 江戸時代の百姓は、領主(武士)から重い年貢を課せられ、一様に貧しい生活を強いられたと理解されがちです。しかし、近年の専門研究ではこうした理解への見直しが進んでいます。幸いなことに、私が研究のフィールドとする九州の熊本藩には大量の古文書が残されており、この歴史資料を分析することで、当時の農業・非農業生産がどのように社会的に分配されていたのか、自分の目で確認したいと思いました。それが研究のきっかけです。

●所得再配分構造とはどのようなものですか。
 江戸時代の主たる産業は農業でしたが、非農業部門でも多くの生産がありました。こうした農業・非農業生産が、江戸時代の領主(政府)と百姓(民間)との間でどのような比率で分配されたのか、さらにその分配後、政府・民間それぞれの内部で再配分されたのか、以上のようなことを想定しています。

●最近新たに明らかになったことはありますか。
 江戸時代の年貢は、一般的に「五公五民」といわれるように、百姓の総生産の5割が領主に収められた-つまり年貢率は5割-と理解されています。しかし、19世紀の農村調査資料を分析したところ、実質的な税率は百姓の総生産の2割であった事実が明らかになりました。これは、現代日本の租税負担率(25.6%)とほぼ同じ水準です。つまり、江戸時代と現代の実質的な租税率は、あまり変わらなかった可能性が高いです。

●研究をされている中での苦労は何ですか。
 日本は、世界的に見ても多くの古文書が残っている地域だといわれています。その中でも特に膨大なのが、江戸時代以降の作成された古文書です。静岡市内にも大量の古文書が残されており、それを調査して研究ができる状態にまで整理する作業を、現在学生たちと行っています。この作業は、非常に時間がかかって大変です。しかし、新発見の古文書を丹念に読み解いていくと私たちの想像をこえた当時の政治・社会・文化などの実像がわかることが多々あります。先ほどの税率の話とも通じますが、江戸時代と現代との意外なつながりを見いだすことも多く、私たちが生きる社会の成り立ちを考える上で、古文書は多くのヒントを与えてくれると思います。

●今後の目標をお聞かせください。
 私は、江戸時代や明治維新について研究をしていますが、その成果を専門研究の場だけでなく、ひろく社会に発信していきたいと考えています。啓蒙書や講演会などを通じて、日本史の面白さや古文書が持つ重要性などを一般市民の方々にも伝えていくことができればと思います。また、個人的な目標としては、今後より研究を積み重ねていくことで、江戸時代や明治維新に関する既存のイメージを大きく塗り替えたいと思います。

●リクエスト曲は何かありますか。
 Mr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」です。いい曲ですね。高校生のときにはじめて購入したのがミスチルのCDでした。年を重ねても頑張っている姿をみて私もこうありたいなと思っています。

●最後に静大生にエールがあればお願いします。また、これからどのような学生に入学してほしいですか。
 旺盛な知的好奇心、基礎研究に取り組む忍耐力、そして他者への理解力を持った学生に入学してほしいと思います。


次回の放送は、平成29年4月20日(木)の出演は、工学部 松井 信(宇宙工学)准教授を予定しています。
どうぞ、お楽しみに!


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。