HOME > ニュース一覧 > 平成30年度全学一斉地震防災訓練を実施しました

ニュース

ニュース平成30年度全学一斉地震防災訓練を実施しました

2018.05.28

▲避難訓練の様子


▲トイレベンチ設営の様子

平成30年5月24日に南海トラフ巨大地震に備えて、全学一斉の地震防災訓練を実施し、静岡・浜松両キャンパスの学生や教職員、地域住民が参加しました。
訓練は、非常用放送設備による訓練放送で始まり、学長を本部長とする非常災害対策本部では、各学部の自主防災隊からリアルタイムで届く建物の損壊、火災等の情報を基に、キャンパス地図を用いてそれらの状況に対応する図上訓練を実施するなど、発災時を想定した実践的な訓練となりました。
また、安否情報システムを用いた安否情報入力訓練を実施。学生及び教職員等が携帯電話等を用いて安否情報の入力を行いました。
さらに、衛星電話及びデジタル無線を用いた静岡・浜松両キャンパス、附属学校園等との情報連絡訓練、大型炊き出し釜による炊き出し訓練、平常時はベンチとして常設されている「トイレベンチ」や「かまどベンチ」の設営訓練、応急危険度判定士(本学施設課職員)による建物の応急危険度判定実地訓練及びライフライン点検実地訓練なども実施し、発災時における各教職員の任務について、意識付けがされました。


▲起震車体験の様子


▲避難訓練の様子

また、学生や教職員、地域住民は駿河消防署が用意した起震車で地震を疑似体験することで、地震への危機意識を高めることができました。
また、静岡キャンパスでは、訓練の最後に駿河消防署から「災害時において、救急車や消防車が来れない場合があるため、火災や救助等を教職員で対応しなければならないことから、日頃から火災対応や救助体制等を考えていただきたい」と講評があり、今後の防災対策に向けて有益な訓練となりました。
多くの学生・教職員を預かる大学として、災害による被害を最小限に抑えられるよう今後も十分な備えをしていきたいです。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。