HOME > ニュース一覧 > 3大学共同シンポジウムを開催いたしました

ニュース

トピックス3大学共同シンポジウムを開催いたしました

2011.12.22

留学生、スタッフ


報告する留学生(ベトナム)

戦略的環境リーダー育成拠点形成プログラムでは、12月20日にキャンパスイノベーション東京において文部科学省福井俊英環境科学技術推進官、科学技術振興機構山下廣順プログラムオフィサー、JICA田中研一国際協力専門員をお招きし、3大学から留学生16人、スタッフ10人が参加のもとに、横浜国立大学・岐阜大学・静岡大学共同シンポジウム「留学生が語るアジア・アフリカの環境問題の実情―環境リーダープログラムの貢献を探る―」が開催されました。留学生からの自国の環境問題の報告は、非常に生々しく、想像していたより悲惨な状況で、今回留学生から学ぶことがたくさんありました。
本シンポジウムの目的は、3大学の留学生の自国の環境問題に対する切実な声・意見を共有し、本プログラムでどのように答えを探すことができるかを議論することにあります。
日本でどんなに素晴らしい教育を行い人材育成をしても、それを生かす環境・コミュニティーの実情を共に考え共生することが必要です。
本シンポジウムは、その第一歩として重要な意味を持つと確信しておりますので、今後も継続して実施したいと計画しております。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。