HOME > 大学紹介 > 教育・研究 > 教育・研究の取組

教育・研究の取組

静岡大学の重点研究

超領域研究推進

本学では、3つの重点研究分野(第二期中期目標期間は4分野)を定め、それぞれの優れた研究成果やポテンシャルを持ち寄り、多様な学術基盤の連携・融合による研究成果の格段の向上、新研究領域の開拓・多様な分野と国際的に通用する研究人材の育成、外部資金獲得の取組等を推進するため、その推進主体となる「超領域研究推進本部」を平成23年度から設置しています。

超領域研究推進専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 超領域研究推進本部概要
  • ・ 重点研究3分野
    (光応用・イメージング、環境・エネルギーシステム、グリーンバイオ科学)
  • ・ 超領域研究会など

このページTOPへ

「研究フェロー」及び「若手重点研究者」の制度

本学の研究戦略を推進する方策のひとつとして、「静岡大学研究フェロー(平成27年度までは卓越研究者)」と「静岡大学若手重点研究者」の制度を制定し、これら称号を授与する教員を選定しました。
教育研究活動の情報発信等を通し、研究者の更なる研鑽や、将来を担う学内外の若者の鼓舞、共同研究、産学連携・社会連携等を一層推進するとともに、地域社会への貢献を目指しています。

「卓越研究者」及び「若手重点研究者」の制度専用ページへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 制度制定、選定について
  • ・ 研究フェロー一覧
  • ・ 若手重点研究者一覧 など

このページTOPへ

女性研究者研究活動支援事業「拠点型」

未来を拓く明日への懸け橋"レインボー・プラン"(H25~27年度)

本事業は、女性研究者が能力を最大限発揮できるように、出産や子育てなどのライフイベントと研究を両立させるため、静岡大学が取り組んでいる内容を、静岡大学が拠点となって、行政機関、大学及び企業と連携して、これらの機関に普及させていくものです。

博士人財キャリア創造プログラム専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 事業概要
  • ・ 連携機関
  • ・ お役立ち情報
  • ・ 会員用掲示板 など

このページTOPへ

ポスドク及び博士人財の就業力育成支援事業

ポストドクター・キャリア開発事業(H24~28年度)

ポストドクターや博士課程(後期)学生を対象に、先端的な学術研究に関する知識・能力に加え、産業界で必要な知識や視点を身につける教育を行うことにより『総合的な人間力』を養成し、若手研究者が産業界を含めた幅広い世界で活躍できるように多様なキャリアパスを構築するなどの支援活動を行っています。

博士人財キャリア創造プログラム専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 事業趣旨・内容
  • ・ ポスドク・博士人材が欲しい企業様向けの情報
  • ・ キャリア支援を受けたいポスドク・博士課程(後期)学生向けの情報
  • ・ 各種セミナー・イベントの案内
  • ・ 博士キャリア開発支援センターの機能

このページTOPへ

大学生の就業力育成支援事業

授業パッケージ方式による就業力の育成(H22~26年度)

本取組では、個々の学生が卒業後の自らの職業生活を具体的にイメージし、そのために必要な資質能力を大学教育のなかで身につけることを可能とすることをめざして、(1)汎用的資質能力 (2)専門的資質能力 (3)実務的資質能力のそれぞれの要素を含む授業パッケージを提供し、それを核として就業力を育成する仕組みを構築します。

大学教育センター専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 事業の内容
  • ・ 事業パッケージとは
  • ・ 取り組みの様子
  • ・ 組織
  • ・ 評価 など

このページTOPへ

テニュアトラック普及・定着事業

静岡大学では、中期目標中期計画に定める重点研究分野の研究を推進するため、平成22年度よりテニュアトラック制を導入しました。
5年間のテニュアトラック教員ポストは、部局に措置され、国際公募・選考は実施部局が行うものの、全学人事管理委員会が全体に関与することとしています。部局に採用後は、研究の自主性・独立性を確保し諸環境を整備するとともに、十分な研究費を与え、研究リーダーとなる教員・研究者を育成することとしています。

テニュアトラック普及・定着事業専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 事業概要
  • ・研究者紹介
  • ・公募情報
  • ・GRLセミナー
  • ・テニュア・トラック制に関する規則
  • ・活動状況 など

若手グローバル研究リーダー育成拠点(H20~24年度)
平成20年度科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進事業」の採択を受け、テニュア・トラック制度を導入し、その拠点として設置されました。

このページTOPへ

地域再生人材創出拠点の形成

災害科学的基礎を持った防災実務者の養成(H22~26年度)

静岡県では、県内の各機関において防災のリーダーとして活躍できる人材の養成を目的とした養成講座を平成8年に開設し、防災全般について体系的な知識を取得した「静岡県防災士」を965 名輩出、既に相当数が市町村役場の防災担当部署、消防機関、ライフライン企業等で防災に関する実務に従事しています。

ふじのくに防災フェロー養成講座専用ページへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ 講座の紹介
  • ・ 関連文書 など

このページTOPへ

戦略的環境リーダー育成拠点形成

生態系保全と人間の共生・共存社会の高度化設計に関する環境リーダー育成(H22~26年度)

バングラディシュ、中国、タイ、ベトナム、スリランカ、モーリシャス、ネパール、インドネシア、マレーシア、セイシェル等の国々との共同研究・人材交流に大きく取り組んできました。それぞれの国のフィールドを中心に現場主義に立脚した保全・修復・再生に必要な科学的知識や技術の普及活動を進めています。

環境リーダー育成専用サイトへ

  • 以下の情報もご案内しています。
  • ・ プログラム紹介
  • ・ 活動状況
  • ・ 募集要項
  • ・ ニュースレター
  • ・ イベント・シンポジウム
  • ・ お問い合わせ など

このページTOPへ

過去の教育・研究の取組

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。