HOME > 大学紹介 > 教育・研究 > 地域食品産業の安全と安心を支える実務型分析オペレータ育成のための再教育プログラム

社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム地域食品産業の安全と安心を支える実務型分析オペレータ育成のための再教育プログラム

農学部の教育への取り組みが
文部科学省の平成20年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」に選定されました。

農学部では、文部科学省の公募する事業に「地域食品産業の安全と安心を支える実務型分析オペレータ育成のための再教育プログラム」を申請し、厳正な書面審査の結果、選定されました。【<選定件数 人社系16件、理工農系5件、医療系13件>(申請件数 人社系 71件、理工農系34件、医療系45件)】

「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」とは?

文部科学省では、平成19年度より、大学、短期大学、高等専門学校における教育研究資源を活用した、社会人の再就職やキャリアアップ等に資する優れた実践的教育への取り組みを推進する委託事業を実施しています。

地域食品産業の安全と安心を支える実務型分析オペレータ育成のための再教育プログラム

実施組織図

食の安心・安全を支える「実践型再教育プログラム」を実施することで、受講生の習熟度や目的意識に応じた「学び直し」の機会を提供し、地域食品産業に対処しうる分析技術者を養成するため、3種類のプログラムを農学部技術支援室を核として実施します。

  1. 未経験者(フリーターを含む)を分析技術者に育成するための学び直し
  2. 分析技術者として第一線に復帰するための学び直し
  3. ハイレベルな分析技術者にキャリアアップするための学び直し

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。