HOME > 大学紹介 > 大学広報 > 広報室トピックス

広報室トピックス

平成29年度 静大フェスタを開催しました

2017/11/29

 静岡大学では、平成29年11月11日、12日に第22回テクノフェスタin浜松、18日、19日に第7回キャンパスフェスタin静岡を開催しました。
 今年度のテクノフェスタin浜松は、静大祭の他、静岡大学浜松キャンパス100周年記念講演会、工学部及び情報学部の保護者会、秋のオープンキャパス、情報学部公開講座などと共に開催され、幅広い行事に成長しました。今回は、初日が強風に見舞われた為、来場者数が伸び悩みましたが、2日目は爽やかな秋晴れに恵まれ、たくさんの来場者があり、両日で約9千4百人という多くの方々にご来場頂きました。なお、今回のテクノフェスタでは、9件の「キッズサイエンス」、54件の「おもしろ実験」、93件の「研究室公開展示」が行われました。
 また、静岡で開催されたキャンパスフェスタでは、両日で約7千2百人を超える来場者があり、「おもしろ実験・体験」、「研究室訪問」、「展示」など合計46件のイベント企画を通して、本学の教育研究活動の成果や取組みを地域の方々に紹介しました。今年度の新たな取組みとして、静岡県、静岡市、静岡商工会議所がそれぞれのブースを出展し、本学と地元の自治体等との連携を拡充しました。
 本フェスタを通じて、来場者が静岡大学について理解を深め、興味を持っていただく機会となりました。


手すき和紙に挑戦する来場者 手すき和紙に挑戦する来場者

子ども向けイベント「風船の部屋」子ども向けイベント「風船の部屋」


FM.Hiゆうラジ!Radio魂 第9回「静大スタイル」に木谷 友哉准教授(情報学部)がラジオ出演しました

2017/11/22

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。
 この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に隔月で出演いただいています。
今回のゲストは、情報学部 情報科学科 木谷 友哉(きたに ともや)准教授で、11月16日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて


バイクインフォマティクスについて説明する木谷准教授 バイクインフォマティクスについて説明する木谷准教授

生放送の様子生放送の様子


浜松キャンパスにて平成29年度広報研修会を開催しました

2017/11/06

 静岡大学では、平成29年11月6日(月)に浜松キャンパスにおいて、広報研修会を開催しました。
 同研修は、大学広報とは何かを学び広報マインドの向上を目的として開催しているもので、各部局の広報業務に携わる教職員計20名が参加しました。
 講師は、9月に静岡キャンパスで実施した研修に続いて、広告作成アドバイザーの襷プロモーション代表 森山直徳氏により講義が行われました。効果的なチラシ、Webページ、POPの作り方について説明があり、お客様目線や見る側が欲しい情報などを意識して作成することの重要性を学びました。また、グループワークでは、普段めったに話す機会のない他部署の教職員との意見交換や交流の場となり、大学広報について改めて考えるよい機会となりました。
 今回の研修を通じて、各部局における効果的な広報活動の展開が期待されます。


講師:襷プロモーション代表 森山直徳 氏講師:襷プロモーション代表
森山 直徳氏

グループワークの様子グループワークの様子


静岡キャンパスにて平成29年度広報研修会を開催しました

2017/09/15

 静岡大学では、平成29年9月15日(金)に静岡キャンパスにおいて、広報研修会を開催しました。
 同研修は、大学広報とは何かを学び広報マインドの向上を目的として開催しているもので、各部局の広報業務に携わる教職員、本学の魅力を学生目線から発信していく組織として発足した「広報学生委員会」の学生、計18名が参加しました。
 研修では、「売れるチラシの作り方」と題して約2時間にわたり広告作成アドバイザーの襷プロモーション代表 森山直徳氏による講義が行われました。講義の冒頭で「効果的な広報をするためには自分で考えないこと」との説明があり、驚く受講者も多く見受けられたが、講義が進むにつれその意味が分かり、広報チラシを作成する上での効果的なレイアウトや内容について学びました。グループワークでは、他者の意見を聞き、大学広報について改めて考えるよい機会となりました。
 同研修会は、11月に浜松キャンパスにおいても開催する予定です。今回の研修を通じて、各部局における効果的な広報活動の展開が期待されます。


森山直徳氏の講義森山直徳氏の講義

グループワークグループワーク


本学の豊かな自然を利用して"ツリークライミング"を実施しました

2017/08/28

 8月5日、リビングカルチャーセンター主催の"ツリークライミング"を本学のイナズマ階段横の木々を利用して実施しました。この企画は、夏休み子どもカルチャーとして、最近ではなかなかできなくなった木登りを体験し、自然体験活動を通して、子どもたちに勇気と自信を少しずつ身に付け、自然を大切にする優しい心をはぐくむことを目的としており、自然が豊かな静岡キャンパスにぴったりの企画です。
 当日は、30名の子どもたちが参加し、木登りを楽しみました。心配そうに見守るご家族をよそに子どもたちはロープを巧みに使い、スルスルと登っていきました。太くがっしりとした木に身を委ね、木や自然を身近に感じていました。
参加者の皆様には、キャンパスの豊かな自然を通して、本学への理解を深めていただく良い機会となりました。


ツリークライミングの様子1

ツリークライミングの様子2

ツリークライミングの様子3


FM.Hiゆうラジ!Radio魂 第8回「静大スタイル」に大西 利幸准教授(農学部)がラジオ出演しました

2017/08/24

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。
 この番組では、静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に隔月で出演いただいています。
第8回目のゲストは、応用生命科学科 大西 利幸(おおにし としゆき)准教授で、8月17日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて


スタンレー・ライスナーイデアルの算術階数について説明する木村杏子先生 お茶の香りの貯蔵メカニズムについて説明する大西利幸先生

収録の様子生放送の様子


FM.Hiゆうラジ!Radio魂 第7回「静大スタイル」に木村 杏子講師(理学部)がラジオ出演しました

2017/06/15

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。
 この番組では、静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に隔月で出演いただいています。
第7回目のゲストは、理学部 数学科 木村 杏子(きむら きょうこ)講師で、6月15日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて


スタンレー・ライスナーイデアルの算術階数について説明する木村杏子先生 研究内容について説明する
木村先生

収録の様子収録の様子


平成29年度静岡大学公式ホームページCMS担当者研修会を開催しました

2017/06/13

 静岡大学では、平成23年度から公式ホームページにCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使用して、各部局の担当者により、ニュースやイベント等を直接入力できるシステムを導入しました。
 そこで、各部局担当者がこれまで以上に情報を発信できるように、平成29年6月12日(火)に静岡地区において、また翌日13日(火)には浜松地区において、CMS担当者約30名で、研修会が行われました。
 研修会では、井上春樹情報基盤センター長及びPepperによる「魅力ある記事の作成について」講義があり、続いてCMSの登録の仕方についてプロフィックス様よりレクチャーをして頂きました。今回の研修により、各部局によるこれまで以上の積極的な広報活動が期待されます。


井上教授及びPepperによる講義の様子 井上教授及びPepperによる
レクチャー

静岡キャンパス研修会の様子静岡キャンパス研修会の様子

浜松キャンパス研修会の様子浜松キャンパス研修会の様子


FM.Hiゆうラジ!Radio魂 第6回「静大スタイル」に松井 信准教授(工学部)がラジオ出演しました

2017/04/20

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。
 この番組では、静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に隔月で出演いただいています。
第6回目のゲストは、工学部 機械工学科 松井 信(まつい まこと)准教授で、4月20日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて


宇宙工学について説明する松井教授 宇宙工学について説明する
松井教授

収録の様子収録の様子


石井学長、リビング静岡のインタビュー取材を受けました

2017/04/18

 4月18日、石井潔学長がリビング静岡のインタビュー取材を受けました。
この取材の様子は、リビング静岡5月20日号(5月18日、19日配布)において、静岡の大学の魅力再発見をテーマに「静岡県の大学が目指すもの~学長からのメッセージ2017~」として掲載される予定です。


取材に応じる石井学長 取材に応じる石井学長

インタビュー取材の様子インタビュー取材の様子


広報学生委員会の第3回勉強会を開催しました

2016/02/15

 平成29年2月15日(水)に静岡キャンパスにて静岡新聞社 読者プロモーション局次長の小笠原 康晴氏及び読者プロモーション局読者部の丹羽 洋介氏を講師に迎え、第3回勉強会を開催しました。
今回は「新聞から学ぶ情報の取り方・情報の伝え方」というテーマで講義が行われ、同委員会のメンバー8名が参加しました。
 丹羽講師からは、過去の新聞記事をとりあげ、Webニュースと比較し、情報の価値や重要度について解説頂きました。また新聞記事の構成や見方についてのコツなどをわかりやすく学びました。
 続いて、小笠原講師からは過去に広報学生委員が作成した大学広報誌「サクセス」のページを題材としてとりあげ、読者を惹きつけるページの構成や写真のレイアウトについて具体的なアドバイスを頂きました。
 今回の勉強会で学んだことは、今後の広報誌制作に役立つ実践的な内容となりました。


丹羽氏の講義1 丹羽氏の講義

小笠原氏の講義小笠原氏(右)の講義

講義に集中する広報学生委員講義に集中する広報学生委員


情報セキュリティ・個人情報保護に関する講演会を開催しました

2016/10/14

 平成28年10月14日(金)に情報セキュリティ・個人情報保護に関する講演会を開催しました。
同講演会は、情報セキュリティ・個人情報保護のそれぞれに対する本学教職員の意識及び取組を一層徹底することを目的とし、各部局の教職員67名が参加しました。
 講演会では、一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会の吉岡良平事務局長から、インターネット利用者視点からの情報セキュリティ対策について、続いて、京都大学学術情報メディアセンター副センター長の岡部寿男教授から、京都大学における情報セキュリティ対策の取組の歴史及び概要について、講演が行われました。
 吉岡講師からは、日頃の情報セキュリティの意識が非常に重要であり、大学職員なども含む一般人がトラブルに巻き込まれないコツなどの説明があり、岡部講師からは、情報セキュリティ対策の中心は「人」であり、最高情報セキュリティ責任者のリーダーシップが重要であるなどとの説明があり、受講者は熱心に聞き入っていました。
 さらに、本学の状況について、情報学部岡田安功教授から、個人情報に関する規則及びポリシーなどについて、続いて、情報基盤センター長谷川孝博准教授から、情報セキュリティの状況として全学情報サービスの認証統合、シンクライアント及びIPアドレスの管理システム活用などについて、それぞれ講演がありました。
 講演後、受講者から、インターネット上の著作物の取扱いにおける留意点、学内における利用金負担等に関する質問などがあり、講師の回答に受講者が真剣に耳を傾けていました。
   また、今回の講演会と同時期に実施するWEBセミナーを通じて、教職員の情報セキュリティ・個人情報保護に関する適切な管理、取組の徹底及び意識の涵養が期待されます。


草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会 吉岡良平事務局長草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会 吉岡良平事務局長

京都大学学術情報メディアセンター副センター長 岡部寿男教授京都大学学術情報メディアセンター副センター長 岡部寿男教授

静岡大学情報学部 岡田安功教授静岡大学情報学部 岡田安功教授

 

静岡大学情報基盤センター 長谷川孝博准教授静岡大学情報基盤センター
長谷川孝博准教授


広報学生委員会委員に前田理事より委嘱状が交付されました

2016/10/11

 平成28年10月11日(火)に、前田千尋理事(総務・財務・施設担当)・広報委員会委員長から、広報学生委員会に新たに加入した学生に対して委嘱状が渡されました。
同委員会は、本学の魅力を学生目線から発信していきたいという学生の有志が集まり、平成24年秋に立ち上げられた広報委員会公認の団体です。これまでにも、本学広報誌SUCCESSのインタビュー取材や企画、学外広報活動、秋に開催するキャンパスフェスタなどで活躍しています。
 交付式では、前田理事から、大学運営における積極的な広報の重要性とともに、今後、他大学との連携等、多様な広報活動に構成員全体で対応してほしい旨、大きな期待が寄せられました。
 次に、広報学生委員を代表して理学部1年の石原健さんから「入学して半年が経ち大学のことがわかってきた。学生の立場から、様々な広報活動に臨みたい。」と力強く抱負が述べられました。
 今後も広報委員会、広報室と連携して、本学の広報活動を学生の立場や視点からサポートし、いっそう貢献することが期待されます。


代表して挨拶する理学部石原健さん代表して挨拶する
理学部石原健さん

委嘱状を手に前田理事を囲んで記念撮影委嘱状を手に前田理事を
囲んで記念撮影


浜松キャンパスで平成28年度第2回広報研修会を開催しました

2016/09/13

 静岡大学では、平成28年9月13日(火)に浜松キャンパスにおいて、広報研修会を開催しました。
 同研修会は、広報マインドの向上を目的として平成25年度より開催しているもので、各部局の広報業務に携わる教職員を対象とし、21名が参加しました。
 研修では、情報学部 情報社会学科 杉山岳弘教授が講師となり、約1時間半にわたり、「広報ツールづくりに役立つコツ~地域広報誌「浜松鈴鈴(りんりん)」発行事例から学んだこと~」について専門家の立場から講義が行われました。
受講者は、杉山講師から自身が顧問を務める浜松鈴鈴編集部が手がける本誌を題材に制作の流れ、企画、コンセプトデザイン、レイアウトの設計・実装、文章の体裁、見出し・キャッチコピー、フォント使い分け、写真の撮り方及びロールプレイチェックなど、広報誌やチラシを制作するうえでの一連の基礎知識を学びました。
杉山講師からは、広報誌やチラシの制作フォローの中では、企画(情報収集と分析)と設計(正確な情報・ラフスケッチ)が非常に重要であり、これがクリアできていれば、8割は完成したのも同然であるとの説明があり、受講者は、制作するにあたっての重要ポイントを教示いただきました。
 今回の研修会を通じて、各部局における積極的な情報発信に向けた広報活動の展開が期待されます。


杉山講師から魅力ある広報誌の制作について説明杉山講師から魅力ある広報誌の
制作について説明

熱心に受講する参加者熱心に受講する参加者


静岡キャンパスにて平成28年度第1回広報研修会を開催しました

2016/09/07

 静岡大学では、平成28年9月7日(水)に静岡キャンパスにおいて、第1回広報研修会を開催しました。
同研修会は、広報マインドの向上を目的として平成25年度より開催しているもので、各部局の広報業務に携わる教職員、本学の魅力を学生目線から発信していく組織として発足した「広報学生委員会」の学生及びインターンシップ学生を対象とし、36名が参加しました。
 研修では、フロムフラットデザインの谷村弘貴デザイナーと教育学部の川原﨑 知洋准教授が講師となり、約80分にわたり、広報と広告の違い、広報の役割と役目、広報とブランディングなどについての研修を行いました。受講者は、講師から、「大学ブランドは育てるモノ。そのためには広報活動は欠かせない要素であり、広報し続けることが大切。」という説明にあらためて大学広報の大切さを実感しました。
 また、同研修会は、浜松キャンパスにおいても開催する予定で、今後は、各部局における積極的な情報発信に向けた広報活動の展開が期待されます。


谷村弘貴講師ーの講義谷村弘貴講師ーの講義

講師の説明を熱心に聴く参加者講師の説明を熱心に聴く参加者


今年もIAIスタジアム(J2清水エスパルス主催試合)で静岡大学の広報活動を行いました

2016/08/18

今年も、静岡大学は、平成28年8月14日(日)にIAIスタジアム日本平において、2016明治安田生命J2リーグ第29節、清水エスパルスVSレノファ山口FC(18:00キックオフ)の試合開始前(開場15:30~)に広報活動を行いました。
 当日は、有志の教職員と広報学生委員会学生9名で対応し、本学のキャンパスキャラクター「しずっぴー」の名前当てなど「静大クイズ(3問)」を行い、子どもから年配者まで多くの方々にクイズに参加いただきました。 正解者236人には、本学のしずっぴーグッズと大学案内をプレゼントし、併せて、主催者側から清水エスパルス選手のサイン入りオリジナルグッズも提供いただき、用意したプレゼント等は試合前にはなくなるほどの盛況となりました。
 本学のブースには、エスパルスサポーターをはじめ多くの皆さんに来場いただき、静岡大学について理解を深めていただくための良い機会となりました。
静岡大学と清水エスパルスは、平成24年3月に包括連携協定を締結したことを機会に、今後もあらゆる活動を進めて生きたい思います。


NHK大学セミナー「パックンマックンの実践英語」を開催しました

2016/07/14

 平成28年7月14日(木)にNHK大学セミナー「パックンマックンの実践英語」を静岡大学静岡キャンパスにおいて開催しました。
このセミナーは、NHKで語学教養番組を中心に活躍しているパックンマックンさんのお二人が、英語を身近に感じるコツや異文化交流の楽しさについて学ぶことを目的に開催したものです。
 14時に開演したセミナーには、静大生約160名が参加し、オープニングはパックンマックンさんの軽快なコントから始まりました。続いて、知らない相手と2人1組となって英語での自己紹介や挨拶の仕方、レストランでの注文の仕方、また日本人が不得意な英語の発音や、間違えやすい和製英語についてもパックンマックンさんの経験談を元に笑いを交えながら学びました。
 最後の質問コーナーでは、学生から積極的な質問があり、予定時間を超えるほどの大変な盛り上がりとなりました。これから海外留学をする学生には、英会話についてだけでなく、異文化に対する積極的なコミュニケーションや心構えなどについて学ぶことができ、これからのグローバル社会に対応するうえで大いに役立つ機会となりました。


セミナーの案内 
セミナーの案内

セミナー風景1セミナー風景1

セミナー風景2セミナー風景2


平成28年度静岡大学公式ホームページCMS担当者研修会を開催しました

2016/06/29

 静岡大学では、平成23年度から公式ホームページにCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使用して、各部局の担当者により、ニュースやイベント等を直接入力できるシステムを導入しました。
 そこで、各部局担当者がこれまで以上に情報を発信できるように、平成28年6月22日(水)に静岡地区において、また翌日23日(木)には浜松地区において、CMS担当者30名を集め、研修会を開催しました。
 研修会では、情報基盤センター長井上春樹教授から「魅力ある記事の作成方法について」また、CMSを使った効果的な広報の仕方などについて、講義と実践研修で行いました。今回の研修により、各部局によるこれまで以上の積極的な広報活動が期待されます。


参加者説明する井上情報基盤センター長(静岡) 参加者説明する井上情報基盤センター長(静岡)

研修会の様子(静岡)研修会の様子(静岡)

 研修会の様子(浜松) 研修会の様子(浜松)


広報学生委員会の第2回勉強会を開催しました

2016/01/18

 平成28年1月18日(月)に静岡キャンパスにて静岡新聞社 営業局広告センター 生活情報副部長の宮﨑敏英氏を講師に迎え、第2回勉強会を開催しました。
この勉強会は、第1回目の広報スタッフとの勉強会に引き続き広報学生委員会が企画したもので、今回は外部の講師から「情報誌編集の注意点」について講義が行われ、同委員会のメンバー8名が参加しました。
 宮﨑講師からは、編集する際の注意点として①目的、②選択と集中、③制作技術の3つのカテゴリーを中心にして編集のテクニックやどういったところにポイントをおいて制作すればいいのか実務経験や失敗談などを交えてわかりやすく説明頂き、大学広報誌「SUCCESS」を今後制作するにあたって大いに役立つ内容となりました。
 また、講義の最後には広報学生委員会のメンバーから多くの質問がでるなど、充実した勉強会となりました。


宮崎氏の講義1 宮崎氏の講義1

宮崎氏の講義2宮崎氏の講義2

熱心に聴き入る広報学生委員熱心に聴き入る広報学生委員


広報室トピックス一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。


gotop

HOME

大学紹介

学部・大学院・研究所

図書館・附属施設

キャンパスライフ

就職・進路

入試案内

国際交流