HOME > 大学紹介 > 大学の概要 > 学長メッセージ > <学長メッセージ>平成22年度静岡大学学位記授与式告辞(静岡)

学長メッセージ

平成22年度静岡大学学位記授与式告辞(静岡)

まず始めに、3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられた方々とそのご遺族に対し、深くお悔やみを申し上げます。また、被災された方々には謹んでお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い復興を心よりお祈りいたします。
そのような中、また、ご多忙にも関わらず、授与式にご臨席をたまわりました方々に、厚く御礼を申し上げます。 有難うございます。
ただ今、学部1189名、大学院修士課程231名、そして専門職学位課程で(教職修士)22名、大学院博士課程9名、そして専門職学位課程で(法務博士)17名の方々に、それぞれ学位記を授与致しました。
明日の浜松キャンパスでの卒業・修了をあわせると、学部1863名、大学院修士課程562名、大学院博士課程27名、専門職学位課程39名、そして論文博士1名の合計で、2492名の方々に学位記を授与することとなります。
卒業生、修了生の皆様方、おめでとうございます。ここに、静岡大学教職員を代表して、お祝いを申し上げます。また、卒業生・修了生の今日のこの日を心待ちにしてこられた、ご家族・保護者の皆様方には、心よりお祝い申し上げます。おめでとうございます。
さて、私の専門は情報学ですが、みなさまもご承知のように情報技術は急速に発達し、私たちの生活に欠かせないものになっています。また、情報技術の発展とともに、世界や日本のありようも変わってきています。情報が専門の私でも、急激な変化に戸惑うこともあります。
日本で一般の人が携帯電話を持ち始めたのは、90年代半ばからでしょう。1999年には、携帯にインターネット機能が追加され、メールのやりとりができるようになりました。そらからまだ、ほんの12年です。ここにいらっしゃる多くの方は、おそらく毎日メールをやりとりしていることでしょう。いまでは、携帯がないと生活できないという学生も多くいます。
毎日のように使っているグーグルも、出来たのは1998年です。13年前です。スタンフォード大学の大学院生2人がつくりました。そして、フェースブックは、2004年にハーバード大学の中にでき、2006六年一般の人が使えるようになりました。日本語版ができたのは、2008年です。まだ、わずか3年です。
チュニジアやリビアなど、世界各国で起こっていることの背景にも、こうしたインターネットをはじめとした情報技術の進歩があるといわれています。
こうした変化の激しい時代に、皆さんはこれから活躍するわけです。変化の激しい時代だからこそ、柔軟な心と体を持っていただきたい。変化を怖がらず、また変化に流されるのでなく、変化をつくる人になってほしいと願っています。社会では、新しい「もの」や新しい「こと」をつくることが求められます。付加価値の高い「もの」や「こと」をつくっていくことが、必要とされています。
同時に、変わらないものも重要です。社会的な規範やモラル、生活信条、価値、人間性、などは、どの時代にあっても必要とされます。変化の激しい時代だからこそ、社会や自分や環境を見極めて、変わらぬものを身に付けることが大切です。
答えのない社会です。
二者択一や競争だけでなく、多様性を認め合い、話し合い、交渉をしながら一致点や合意点を見出し、協力しあうことが求められています。情報技術がすすめばすすむほど、会って話をし、議論を交わし、一致点を見出すことはますます重要になっていくでしょう。
人生や生き方を船旅や航路に例えることがあります。どの方向に向かっていくのか、流れは速いのか遅いのか、どこの港に立ち寄るのか、嵐をどのように避けるか、それでも台風にあってしまったら、どう舵をとれば船は沈まずに台風をやり過ごせるか、晴れた日はどこまで進むのかなど、自分で考えて、そして周りの人たちと協力しながら進むことになるでしょう。
最後に、今の日本の状況、世界の状況にもう一度思いをはせてください。今、船出をする皆さんに、この状況の中で、期待を込めて祝福してくださる多くの方々の思いを忘れないでください。
これをもちまして、静岡大学長としての、平成22年度学位記授与式の告辞と致します。

平成23年3月21日
国立大学法人静岡大学長
伊東 幸宏

学長メッセージに戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。