HOME > 官公庁・企業の皆様 > 官公庁・企業の皆様イベント一覧 > 特別セミナー「“くまモン”誕生から今日までの軌跡(奇跡)、最新の事業開発マネジメント成功の条件」を開催【一般参加可能】

官公庁・企業の皆様:イベント

講座・講演特別セミナー「“くまモン”誕生から今日までの軌跡(奇跡)、最新の事業開発マネジメント成功の条件」を開催【一般参加可能】

2015.10.01

開催日 2015年10月18日()

静岡大学総合科学技術研究科工学専攻
事業開発マネジメントコース
特別セミナー開講のお知らせ

100年後も愛されるキャラクターを目指して
“くまモン“誕生から今日までの軌跡(奇跡)
―最新の事業開発マネジメント成功の条件―

プロモーター:井上春樹
事業開発マネジメントコース教授
情報基盤センター長



「事業開発マネジメントコース」主催の特別セミナーでは、今回、国内では知らない人がいないほどの大成功を収めている「くまモン」の事業展開について、推進リーダーの成尾様をお招きし、下記にてその成功の秘密をお話いただくことと致しました。

1. 開催日時:平成27年10月18日(日)10:00~12:00
2. 場所:静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館 会議室
3. 参加申し込み:メールで sutv@shizuoka.ac.jp 担当:淺野
   参加資格などの制限は有りませんが、席数が限られていますので早めのお申し込みをお願いいたします。
4. 詳細:添付ポスターを参照ください。


【1】開催の背景
近年、ICTの進化、多様化する価値観、グローバル化の急激な進捗などにより従来のマネジメント理論、技法だけでは新事業の展開が困難になりつつあります。
特に「フェアユーズ理念」に基づく新しい考え方のビジネス、行政が世界的な広がりを見せており、多くの分野での事業展開基本スタンスの変革が求められるようになってきています。
フェアユーズの典型的なビジネス成功例としては「Google Books」「Amazon」「YouTube」「Apple音楽配信サービス」などが著名です。また身近なところでは「静大クラウド」「静大テレビジョン」があります。
しかし、なんと言っても熊本県が展開している「くまモン」は老若男女を問わず知られている最大の成功例と考えられています。2014年度の関連商品の売り上げは643億円に達しています(http://www.asahi.com/articles/ASH3C5SMYH3CTIPE026.html)。
今回、この「くまモンプロジェクト」を大成功に導いたことで著名な「熊本県くまもとブランド推進課 成尾課長」に静岡までおいでいただきその成功の核心思想、施策などをお話していただくことに致しました。
本セミナー参加の制限は有りません。是非お話を聞いてみてください。きっと、皆様が考えてもみなかった事業成功へのヒントを得ることができると思います。

【2】「くまモン」プロジェクトの概要

熊本県知事蒲島様の講演から以下を引用、抜粋いたします。
http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/seminar/2013-05-22/
東京大学公共政策大学院 第73回公共政策セミナーより

「くまモンの政治経済学」
くまモンは九州新幹線全線開業をきっかけに2011年3月に誕生した。「熊本の者」という意味。最初は臨時職員だったが、今では知事・副知事の次にえらい「部長」である。
そのくまモンの首都圏・関西圏・九州での認知度は、平成24年11月の調査で87.2%もある。またツイッターやフェイスブック、くまモンオフィシャルサイトなども大人気である。
当初、くまモンの知名度を上げるため、まず熊本色を排除して大阪の観光名所に出没し、SNSを活用した口コミ型PRを実施した。他にも、大阪環状線の中吊り広告を50種類のポスターでくまモン一色にしたJRジャックや、くまモン、私とスザンヌでの吉本新喜劇への出演などを実施した。
中でも知名度の向上に最も効果があったのが、キャラクターの著作権を熊本県が買い取ったうえで、無料で利用してもらう「楽市楽座」的方式である。熊本県や熊本県産品のPRにつながるものであれば無料で使ってよいということにしたので、商標使用の申請が急増した。
 
(以下、省略)


イベント一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。