HOME > 卒業生の皆様 > 卒業生の皆様ニュース一覧 > 第3回インターアカデミア・アジア(アジア協定校との国際会議) をSRM大学(インド・チェンナイ)にて開催

ニュース

ニュース第3回インターアカデミア・アジア(アジア協定校との国際会議) をSRM大学(インド・チェンナイ)にて開催

2016.12.15

開会式 (右から) 早川教授、Muthamizhchelvan工学部長 、鈴木副学長、松田教授


SRM大学の大講堂の前で

2016年11月28日から30日までの3日間、アジアの協定校との国際会議インターアカデミア・アジア第3回会議が、インド・チャンナイのSRM大学で開催されました。会には9か国から11大学、100名を超える参加者が集まり、静岡大学からは、鈴木滋彦教授(副学長:国際戦略)、佐古猛教授(総合科学技術研究科長、工学部長)、早川泰弘教授(電子工学研究所)をはじめ、9名の教員と13名の修士学生が参加をしました。
会議では、修士学生による25件の研究発表、約50件のポスター研究発表、SRM大学の学生によるモノづくりプロジェクトの紹介、猪川洋教授(電子工学研究所)と早川邦夫教授(創造科学技術大学院)による招待講演、参加大学の修士課程における国際化の取組に関するミーティングが行われました。またチェンナイ市外の世界遺産マハーバリプラムも訪問しました。SRM大学の教職員、学生の協力で、円滑に会議が運営され、多くの異なる国の大学の学術関係者、修士学生が交流を深めることができました。
会議としては今回で3回目を迎えるインターアカデミア・アジアの会合には、累計で10か国26大学が参加をしています。今回の会議においては、修士課程の教育・研究の国際化を焦点に、今後も各国の大学の連携を強めていくことを確認しました。


口頭発表


ポスターセッション

<参加大学>
ダッカ大学(バングラデシュ)
ペラデニヤ大学(スリランカ)
キンモンクット大学トンブリ校(タイ)
カセサート大学(タイ)
マレーシア工科大学(マレーシア)
ガジャマダ大学(インドネシア)
ハノイ国家大学外国語大学(ベトナム)
香港科技大学(中国)
アンナ大学(インド)
SRM大学(インド)
静岡大学(日本)

<参加者>
教員: 静岡大学10名、IAA参加大学8名、SRM大学
修士課程学生 
研究発表  口頭:静岡大学12名、IAA参加大学8名、SRM大学5名
ポスター:静岡大学5名、IAA参加大学4名、SRM大学58名(エントリー)



写真左から
・各国の学生参加者と
・IAA参加大学会議
・世界遺産マハーバリプラム
・佐古猛教授(総合科学技術研究科長、工学部長)

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。