HOME > 採用情報一覧 > 大学院教育学研究科教育実践高度化専攻担当 実務家教員(特任教員)の公募

採用情報

静岡大学 大学院教育学研究科教育実践高度化専攻担当 実務家教員(特任教員)の公募

2012/11/09

職名・人員 特任教授 1名
所属 教育学研究科教育実践高度化専攻(学校組織開発領域)
専門分野 学校経営・教育行政
勤務形態 非常勤 週4日(1日7時間)
任期 1年(再任あり、最長5年まで)
職務
  1. 担当授業:
    <大学院>
    「夢の学校づくり・学校改善への実践論」、「学校を動かすミドルリーダーの在り方と実践」、 「学校の危機管理の実践と課題」、「基盤実習」、「学校組織開発領域別実習」、「学校改善力育成実習」、 「学校改善力高度化実習」等を研究者教員または実務家教員と共同で担当する。
    その他副担当として、学校組織開発領域の各授業(ティームティーチング)
    <学 部>
    「教職入門Ⅰ」、「教育と社会」、その他教養科目の授業を担当する場合がある。
  2. 連携協力校との連絡調整の他、静岡県内の各教育委員会等との緊密な連携協力関係の構築。
  3. 教育学研究科教育実践高度化専攻所属大学院生への指導及び支援。
  4. その他教職大学院の運営に関することがら。
応募資格
  1. 教諭・指導主事等(常勤講師、常勤的非常勤講師を含む)の経験年数が20年以上である者
    (行政経験ないしは管理職経験を持つ者が望ましい。)
  2. 教員もしくは保護者を対象とする研修会の講師経験や勤務校以外の学校・ 教育関係機関での研修における指導経験など、教育実践への支援経験を持つ者
  3. 教育実践に関する研究業績(著書・論文等)を持つ者
  4. 静岡市又は静岡市周辺地域に居住できる者
提出書類
  1. 履歴書(個人用のFAXあるいはメールアドレスを持つ場合、 備考欄に番号・アドレス等を記入すること。)
  2. 業績一覧表(別紙書式に基づき作成すること。)
  3. 教諭や学校管理職、行政職などの職歴を示したもの
  4. 教育実践への支援経験歴を示したもの
  5. 著書・論文等(全業績について、現物又はコピー)
  6. 資格の証明書
  7. 写真1枚(上半身、脱帽、<縦40㎜×横30㎜>、履歴書に貼り付けのこと。)
  8. 教職大学院実務家教員としての抱負(1000字程度)
※(1)(2)(8)については、書類と同じものをCD-ROM等にワード又は一太郎形式のファイルとして保存して添付すること。
選考方法 所定の定めに基づき審査の上、研究科委員会で決定します。
採用予定日 平成25年4月1日
応募締切日 平成24年12月21日(金)必着
応募書類の送付先 〒422-8529 静岡市駿河区大谷836 静岡大学大学院教育学研究科長宛
※「教育実践高度化専攻担当実務家教員応募書類在中」と朱書きで表記し、
書留等の配達の記録が確認できる方法にて送付してください。
問い合わせ先 静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院) 山﨑保寿
Tel/Fax: 054-238-4700(ダイヤルイン)
E-mail: eyyamaz@ipc.shizuoka.ac.jp
※応募書類の書式については静岡大学教育学部ウェブサイトを参照してください。
その他
  1. 必要に応じて面接(プレゼンテーションを含む)を行います。 その際の旅費及び宿泊費は応募者の負担となります。
  2. 静岡県教育委員会と連携・協力して養成・研修統合型カリキュラムの開発を担当します。
  3. 審査結果については、選考が終了次第本人宛に通知いたします。
  4. 応募書類は本選考のためだけに使用し、それ以外の目的には使用しません。
  5. 返却用の梱包袋(着払い宅急便(ヤマト運輸))を同封して下さい。
  6. 採用後の勤務条件については、国立大学法人静岡大学の定める規程によります。
  7. 静岡大学は「静岡大学男女共同参画憲章」を定め、女性研究者支援を含めた男女共同参画を 推進しています。 ( 静岡大学男女共同参画推進室ウェブサイト)

採用情報一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。