HOME > 輝く静大生 > 渡邊実研究室(電気電子工学専攻)のメンバーが「第3回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテスト」に挑戦し、開発した「Blokus Duo Solver」で日本一となりました

輝く静大生

渡邊実研究室(電気電子工学専攻)のメンバーが「第3回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテスト」に挑戦し、開発した「Blokus Duo Solver」で日本一となりました

2013.09.24

電気電子工学専攻・渡邊実研究室のメンバー(森脇烈君、余座貴志君、渡邊貴弘君、鳥飼勇希君、上窪勇貴君、山地勇一郎君、窪田貴之君、伊藤宏幸君)が2013年9月18日に開催された「第3回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテスト」に挑戦し、開発した「Blokus Duo Solver」で参加22チームの頂点、日本一となりました。
第3回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテスト
渡邊実研究室




  


輝く静大生一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。