HOME > 輝く静大生 > 桜田翔大さん(理学部化学科4年)がPlasma Conference 2014にて若手優秀賞を受賞

輝く静大生

桜田翔大さん(理学部化学科4年)がPlasma Conference 2014にて若手優秀賞を受賞

2014.12.24

近田講師、桜田さん、大矢准教授

2014年11月18日〜21日に新潟県新潟市の朱鷺メッセで開催されたPlasma Conference 2014にておいて、本学理学部化学科4年の桜田翔大さんが、若手優秀賞を受賞しました。
発表題目は「欠陥導入タングステン中の重水素滞留挙動に及ぼす熱アニーリング影響」で、核融合炉プラズマ対向壁中の重水素滞留における熱影響について口頭発表し、受賞に至りました。本会議の参加者は約1000名であり、若手優秀賞受賞者は20名でした。
桜田さんの指導教員は本学理学研究科の大矢恭久准教授と近田拓未講師。


輝く静大生一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。