HOME > ニュース一覧 > 教育学部小林朋子研究室が、「ジャパンレジリエンスアワード(強靭化大賞)2018」にて、最優秀レジリエンス賞を受賞しました

ニュース

受賞・表彰教育学部小林朋子研究室が、「ジャパンレジリエンスアワード(強靭化大賞)2018」にて、最優秀レジリエンス賞を受賞しました

2018.03.27

小林朋子研究室の教育学部教育心理学専修3年田端なつ実さんが 表彰式にて賞状と盾を頂きました

教育学部小林朋子研究室(教授 小林朋子)では、子どもたちのレジリエンスを育てる「富士山モデル」を提案し、静岡県内の小中高校や適応指導教室といった学校や機関と連携し、2013年度から実践を積み重ねて子どもたちのレジリエンスを向上させるための実証的な研究を進めています。今回、その実践を評価され、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会より最優秀レジリエンス賞を頂きました。ジャパンレジリエンスアワードは、次世代に向けたレジリエンス社会構築に向けて、強靭な国づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。小林朋子研究室では、教員と学生たちが子どもたちのレジリエンスを育てる実践を学校・機関と連携しながら、今後、この実践を全国に広げていく予定です。

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会 http://www.resilience-jp.org/


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。