HOME > 大学紹介 > 大学広報 > 広報室トピックス

広報室トピックス

FM.Hi ゆうラジ!Radio魂 第22回「静大スタイル」に、大多 哲史 助教(工学部)が出演しました

2020/03/31

 FM Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内の「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに教員に隔月で出演いただいています。

 今回のゲストは、工学部 大多 哲史 助教 で、3月19日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて

▲磁気工学を医療分野に応用する研究に取り組んでいる大多先生▲磁気工学を医療分野に応用する
研究に取り組んでいる大多先生

▲ラジオ収録の様子▲ラジオ収録の様子


FM.Hi ゆうラジ!Radio魂 第21回「静大スタイル」に、本庄 淳志 准教授(人文社会科学部)が出演しました

2020/01/22

 FM Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内の「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに教員に隔月で出演いただいています。

 今回のゲストは、人文社会科学部 本庄 淳志 准教授 で、1月16日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて

▲研究について説明する守谷講師▲働き方、働く環境…本庄先生は
「働くこと」に関する研究を
されています

▲ラジオ収録の様子▲ラジオ収録の様子


FM.Hi ゆうラジ!Radio魂 第20回「静大スタイル」に、守谷 誠 講師(理学部)が出演しました

2019/11/27

 FM Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内の「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに教員に隔月で出演いただいています。

 今回のゲストは、理学部 守谷 誠 講師 で、11月21日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて

▲研究について説明する守谷講師▲研究について説明する守谷講師

▲ラジオ収録の様子▲ラジオ収録の様子


FM.Hi ゆうラジ!Radio魂 第19回「静大スタイル」に、薗部 礼 助教(農学部)が出演しました

2019/09/25

 FM Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内の「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに教員に隔月で出演いただいています。

 今回のゲストは、農学部 薗部 礼 助教 で、9月19日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて

▲研究について説明する薗部助教▲研究について説明する薗部助教

▲ラジオ収録の様子▲ラジオ収録の様子


静岡大学キャンパスキャラクター「しずっぴー」がLINEスタンプに登場!

2019/07/05

 静岡大学公式キャラクター「しずっぴー」のLINEスタンプがこの度発売開始となりました。多くの人に静岡大学をもっと身近に感じてほしいという思いから、キャンパスキャラクターであるしずっぴーを用いて広報学生委員会がLINEスタンプを作成することとなり、計40種類にもなるスタンプのデザイン考案から作成までを担いました。

 

          【「しずっぴー」LINEスタンプ 概要】

タイトル 静岡大学キャラクター「しずっぴー」
販売開始日 令和元年6月5日
価格 120円 (50LINEコイン)
デザイン考案・作成 静岡大学 広報学生委員会
販売ページ https://store.line.me/stickershop/product/7772748/ja

 

 【作成についての詳細はこちら】


▲広報学生委員会作成のラフ案 ▲ラフ案

▲完成したLINEスタンプ(40種類の中の一部)▲完成したLINEスタンプ (一部)


令和元年度 静岡大学公式ホームページCMS担当者研修会を開催

2019/06/13

 静岡大学公式ホームページは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入し、各部局の担当者が直接ホームページのニュースやイベント等を入力することにより情報発信を行っています。
 そこで、これまで以上に各部局等の情報を学内外に積極的に発信できるよう、6月12日・13日に同システムの担当者向けの研修会を開催しました。
 同研修会では、はじめに大学広報担当から、ニュース・イベント等の情報の発信について、一連の流れや原稿作成のポイントを説明しました。
 続いて、小型対話ロボット"静大SOTA"のプレゼンによる「動画徹底活用による新世代広報実現について」講義及び、井上春樹情報基盤センター特任教授による、大学公式ホームページ掲載用のサムネイル制作の実習が行われました。受講者は、"静大SOTA"の軽快なプレゼンに聞き入り、新世代広報効果の可能性について理解を深めると共に、所属部局等のオリジナルサムネイルを制作しました。
 研修会後、受講者からは、広報活動の意義や情報発信の必要性、動画の持つ情報伝達力を活用した広報の重要性について再確認できたとの感想が寄せられ、広報マインドの高まりが伺えました。
 今回の研修により、各部局によるこれまで以上の積極的な広報活動が期待されます。


▲研修会の様子(静岡キャンパス)▲研修会の様子(静岡キャンパス)

▲研修会の様子(浜松キャンパス)▲研修会の様子(浜松キャンパス)

▲井上特任教授及び小型対話ロボット▲ 井上特任教授及び
"静大SOTA"による講義

▲小型対話ロボット▲小型対話ロボット"静大SOTA"


広報講演会『広報アクション-情報の掴み方と伝え方-』を開催しました

2019/05/24

 令和元年5月24日に『広報アクション-情報の掴み方と伝え方-』と題し、広報講演会を開催しました。
 本学は、平成31年3月29日に浜松医科大学と新法人の設立及び大学再編について合意書・確認書を締結し、今後、新法人設立と大学再編に向けた取組み及びステークホルダーへの対応を進めていく上で、学内外への広報活動及び丁寧なコミュニケーションが求められています。本講演会は、広報のプロフェッショナルを招き、広報の意義や今後の広報アクションについて理解を深め、事務職員の一体感の醸成及び広報意識の高揚を図ることを目的としました。
 講演会では、講師の千葉大学・特任准教授(広報戦略担当)鹿野由利子氏が、PRの本来の意味や基本的な考え方、PRの意義について解説し、さらに、広報戦略や広報の役割について説明しました。
 続いて、株式会社電通パブリックリレーションズ・コーポレートコミュニケーション戦略局エグゼクティブアドバイザー花上憲司氏が、実際に手掛けた活動事例を交えて、PRの具体的な方法を紹介し、これまでの豊富な経験と実績を踏まえ、効果的なPRの必要性について説明しました。
 講演会後、活発な質疑応答が行われ、職員の関心の高さと早速の広報マインドの変化が伺えました。また、受講者から、広報やPRの理解が深まるとともに、両講師の人を惹きつける話し方、表情や雰囲気及び話の組立てなど、大変勉強となったとの感想が寄せられ、広報意識の高揚とともに貴重な学びの場となりました。


▲講演する鹿野由利子氏(左)、花上憲司氏(右)▲講演する鹿野由利子氏(左)、
花上憲司氏(右)


FM.Hi ゆうラジ!Radio魂 第18回「静大スタイル」に崔 宰熏(チェ ジェフン)准教授(農学部)が出演しました

2019/05/16

 FM Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内の「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務め、毎週木曜日夕方5時23分から5時53分まで放送している番組です。この番組は、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに教員に隔月で出演いただいています。

 今回のゲストは、農学部 崔 宰熏(チェ ジェフン)准教授で、5月16日(木)に生出演いただきました。
詳細は、ニュースページにて

▲フェアリーリングに関する研究について説明する崔准教授▲フェアリーリングに関する   
研究について説明する崔准教授

▲ラジオ収録の様子▲ラジオ収録の様子


石井学長がリビング静岡の取材を受けました

2019/04/19

 4月11日(木)、石井学長がリビング静岡のインタビュー取材を受けました。インタビューの中でこれからの入学生に期待することや大学として注力していくことについてなどを語りました。
 この取材の様子は、リビング静岡5月24日号(5月23日、24日配布)において、「静岡の大学が目指すもの~学長からのメッセージ2019」として掲載される予定です。


▲インタビューの様子(左:石井学長)▲インタビューの様子
(左:石井学長)


農学部附属藤枝農場で収穫された果実をジャムにしました

2019/04/01

 本学農学部附属藤枝農場では、温暖の気候の中で、四季折々様々な農産物を生産し、その種類は年間で100種類以上にも及び、季節によって様々な柑橘類の果実を収穫しています。
 このたび、同農場で収穫された果実を加工して「静大ジャム」として販売を開始しました。「静大ジャム」の特長は、農場で大切に育てられた高品質の果実と北海道産てんさいグラニュー糖のみを使用して作られており、素材そのままの美味しさを楽しむことができます。
 今回、「静大ジャム」として販売を開始した柑橘類は、せとか、ブラッドオレンジ、キンカン及びキウイフルーツの4種類で静岡キャンパスの静岡大学生活協同組合で購入することができます。

 「静大ジャム」を試食した石井学長をはじめ教職員からは「あっさりとしていて美味しい。果物の味が引き立っている。」との感想が寄せられています。

 「静大ジャム」WEBページはこちら


▲静大ジャム」を手に取る石井学長▲静大ジャム」を手に取る石井学長


広報室トピックス一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。