HOME > 在学生の皆様 > 休学・退学・住所変更等

休学・退学・住所変更等

休学願

病気その他やむを得ない理由によって引き続き2か月以上修学できないときは、 原則として休学しようとする日の1か月前までに休学願を所属学部・研究科の学務係等に提出して許可を求めてください。

注意事項

●病気により休学する場合は、医師の診断書を提出してください。
●留学又は海外研修で休学する場合は、外国留学等計画書を提出してください。
●保証人、指導教員による署名・押印をもらってください。
●授業料等未納の場合は、休学が許可されません。
●提出日以前の日付から開始する休学は認められません。
●休学期間は卒業・修了に必要な在学期間に算入されません。
●休学期間中の授業料は納入不要になりますが、5月2日以降又は11月2日以降からの休学の場合は、当該学期の授業料全額の納入が必要になります。



復学願

病気等の休学事由が解消したときは、原則として復学しようとする日の1か月前までに復学願を所属学部・研究科の学務係等に提出して許可を求めてください。

注意事項

●病気により休学した場合は、医師の診断書を提出してください。
●保証人、指導教員による署名・押印をもらってください。
●提出日以前の日付の復学は認められません。



留学願

海外の大学へ留学するときは、原則として留学しようとする日の1か月前までに留学願を所属学部・研究科の学務係等に提出して許可を求めてください。

注意事項

●外国留学等計画書をあわせて提出してください。
●保証人、指導教員による署名・押印をもらってください。
●授業料等未納の場合は、留学が許可されません。
●提出日以前の日付から開始する留学は認められません。
●留学期間は卒業・修了に必要な在学期間に算入されます。
●留学期間中の授業料は、在学中と同様に納入する必要があります。



退学願

病気その他の事由によって退学しようとするときは、原則として退学しようとする日の1か月前までに退学願を所属学部・研究科の学務係等に提出して許可を求めてください。

注意事項

●保証人、指導教員による署名・押印をもらってください。
●授業料等未納の場合は、退学が許可されません。
●提出日より前の日付の退学は認められません。
●学期途中の退学の場合は、当該学期の授業料を全額納入する必要があります。



受験許可願・受験結果報告書

在学中に他大学等の受験をする場合には、事前に受験許可願を所属学部・研究科の学務係等に提出して許可を求めてください。また、受験が終わった際には、速やかに受験結果報告書を同窓口に提出してください。

注意事項

●保証人、指導教員による署名・押印をもらってください。



学生本人の住所等変更

学生本人が改氏名したときは、改氏名届に戸籍抄本を添えて所属学部・研究科の学務係等に届け出てください。また、学生本人の住所、電話番号、メールアドレスが変わったときは、各自で速やかに学務情報システムの登録内容を修正し、所属学部・研究科の指示があるときは同窓口にも届け出てください。



保証人の住所等変更

保証人を変更するとき、保証人が改氏名したとき、保証人の住所が変わったときは、速やかに所属学部・研究科の学務係等に届け出てください。



このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。