HOME > 採用情報一覧 >静岡大学工学部・大学院総合科学技術研究科工学専攻教員(テニュアトラック助教)公募

採用情報

静岡大学工学部・大学院総合科学技術研究科工学専攻教員(テニュアトラック助教)公募

2019/08/30

職名・人員 テニュアトラック助教 1名
所属 学術院工学領域数理システム工学系列(工学部数理システム工学科・大学院総合科学技術研究科工学専攻数理システム工学コース)
専門分野 数理・情報科学。特に、センシングデータ処理、機械学習、最適化技術およびそれらの応用技術。
 統計・数理モデリングや統計的機械学習などを応用し、環境、交通、流通、通信、生産、医療、言語、人間行動等の実世界データの分析・モデル化を行い、各種システムの設計・高度化やサービスの創出に貢献できるテニュアトラック教員(助教)を募集します。
 テニュアトラック教員は、研究業務を主務としますが、将来テニュア教員として本学における学生の教育を担うためのトレーニングも行います。将来的には、学部・大学院において統計・数理モデリング,それらを用いた応用技術に関する講義(英語による講義を含む)を担当していただくことを想定しています。
雇用・給与・
研究支援条件
  1. 任期:採用日から5年間(テニュアへの移行については下記2項を参照のこと。)
    ただし、産休等の止むを得ない事情が発生した場合は、その期間を10年を超えない範囲で延長することが可能。

  2. テニュアトラック教員の評価:テニュアトラック教員から提出された研究計画書、中間時研究成果報告書、終了時研究成果報告書の書類審査及び面接等により、研究業績、リーダーシップ・マネジメント能力、外部資金獲得実績、学部生・大学院生への研究教育指導能力等について、次の時期に評価を実施する。
    i. 雇用後1年、2年及び4年を経過する月に研究計画の達成状況の審査を行う。
    ii. 雇用後2年6ヶ月を経過する日の翌月に中間評価を行う。
    iii. 雇用後4年6ヶ月を超えない月にテニュア審査を行い、審査に合格した助教は、 テニュア講師
      または准教授に採用する。 なお、ここでのテニュアは、終身ではなく、定年(現行は65歳)が
      ある。

  3. 給与: 年俸制
    i. 扶養手当、管理職等手当、住居手当、通勤手当、特殊勤務手当、時間外労働手当、深夜労働
     手当は、静岡大学教職員給与規程を準用して支給する。
    ii. 赴任旅費は、別途規定に基づく額を支給する。

  4. 研究支援:1年目に、1人当たり350万円のスタートアップ資金と独立した研究スペースを措置する。 また、2年目は140万円、3・4・5年目は各70万円の研究資金を措置する。
    (金額は2019年度実績)
    i. 任期期間中の研究活動に関するエフォートは、70%以上とする。
    ii. 着任後、工学部教授の一人がメンターとしてサポートする。
    iii. 今後の予算の状況により研究費は変更される場合がある。

  5. 業務内容:上記専門分野の研究を行うほか、実験・実習科目(プログラミング基礎、プログラミングコンテスト、システム工学応用実習等)の担当、および学部・大学院学生の研究指導または研究指導補助を行う。なお、学部授業においては着任時に日本語による授業が可能であること。

  6. 勤務場所:勤務地は、浜松キャンパス(浜松市中区城北)とする。
応募資格
  1. 募集分野において優秀な研究を行っている若手研究者であること。

  2. 2020年4月1日現在において、博士の学位を取得後10年以内であるか、または着任時までに学位取得見込の者であること。
提出書類
  1. 指定の応募申請書(履歴書、業績リスト、写真添付)・・・FORM1(Word, PDF
    査読つき原著論文にはJournal Citation Reportsの2018年における5年インパクトファクターを明記すること。また、科学研究費補助金等外部資金獲得状況については代表、分担の別を明記すること。

  2. これまでの研究の概要(A4サイズ2頁以内)・・・FORM2(Word, PDF

  3. 今後5年間の研究計画(A4サイズ2頁以内)・・・FORM3(Word, PDF

  4. 教育に対する抱負(A4サイズ1頁以内)・・・FORM4(Word, PDF

  5. 主要論文5編以内(別刷りまたはコピー)

  6. 1名の推薦書または意見を求めることができる方2名の氏名と連絡先

    《注1》上記のFORM1、2、3、4は、すべて日本語または英語で記述すること。

    《注2》上記提出書類の1.〜5.については電子データもDVD/CD/USBメモリいずれかに
        入れて提出すること。

    《注3》必要事項が記載されたFORM1、2、3、4を片面印刷し、主要論文、電子データと
        ともに下記の宛先に、応募封筒に「テニュアトラック助教応募書類在中」と朱書き
        したうえ、簡易書留で郵送すること。E-mailを用いた書類提出は受けつけない。
        また、応募書類や電子媒体は、返却しない。
応募締切 2019年10月31日(木)17時必着(日本時間)
着任時期 2020年4月1日以降のできる限り早い時期
選考方法

選考会議において書類選考の上、面接を行う。

候補者の研究業績の審査において、産前、産後休暇または育児休業取得による研究中断期間がある場合には、応募者の申し出により考慮する。

面接審査 2019年11月~12月 (書類審査の合格者のみ対象とし、旅費は支給しない)
主に日本語で実施します。
問合せ先 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1
静岡大学工学部 数理システム工学科 教授 石原 進
E-mail : ishihara.susumu@shizuoka.ac.jp
書類送付先 〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1
静岡大学テニュアトラック支援チーム
テニュアトラック助教応募書類在中」と朱筆し、簡易書留でお送りください。
付記 採用に当たっては、業績および人物評価において同等と認められた場合には、女性、外国人、障がい者を優先します。

採用情報一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。