静岡大学研究フェローとは

 個人研究のみならず学際・未踏領域研究の組織的推進の中核的な人材であり、本学における研究等の分野において先駆的・先導的役割を担っている教員。
 個人の卓越した研究業績(著書、論文数、論文被引用数、科学研究費補助金等外部資金獲得状況、共同研究実績、知的財産(特許等)、各種受賞等)、教育研究リーダーとしての実績、学生指導の状況及び社会貢献活動等を総合的に評価。(第1期、第2期は卓越研究者)

  •   第1期(H23.04.14~H25.03.31):22名
      第2期(H26.01.01~H28.03.31):22名
      第3期(H28.04.01~H31.03.31):14名
      第4期(H31.04.01~R04.03.31):15名
      第5期(R04.04.01~R07.03.31):11名
研究フェロー一覧

<第5期>

  氏名 研究分野 研究テーマ
1 青木 徹教授放射線情報学放射線を捉える、役立たせる放射線情報学
2小野 行徳教授ナノエレクトロニクス極低消費電力・新原理デバイスの研究
3川人 祥二教授撮像デバイス 機能集積撮像デバイスの開発と応用
4 菊池 将一 准教授材料強度学 表面改質を用いた多機能金属材料の創製
5 白井 千晶教授家族社会学・医療社会学 古今東西のリプロダクションを社会学から捉える
6朴 龍洙教授応用生物化学、ナノバイオ科学ウイルスの迅速検出と抗原提示ウイルス様粒子の創出
7 平井 浩文教授環境生物化学白色腐朽菌を用いたバイオリファイナリー及びバイオレメディエーション
8 福原 長寿教授触媒反応工学カーボンニュートラルに貢献する触媒変換プロセスの開拓
9 藤井 基貴 准教授教育哲学・道徳教育人間はいかにして自律的思考を形成しうるか?
10間瀬 暢之教授グリーン有機化学有機化学を基盤としたグリーンものづくり
11 山崎 昌一教授生物物理学生体膜の機能やダイナミクスの素過程の解析とメカニズム

▲ページトップへ