HOME > イベント一覧 > 【講演会】-伊東沖海底噴火から23年:海底火口の今-

イベント

講座・講演【講演会】-伊東沖海底噴火から23年:海底火口の今-

2012.11.13

 静岡大学防災総合センター・伊豆半島ジオパーク推進協議会:共催、伊豆東部火山群防災協議会:後援で、講演会「伊東沖海底噴火から23年:海底火口の今」を12月16日に開催します。
 野津客員教授を中心とする研究チームの手石海丘火口調査の結果を報告するとともに、東京工業大学の火山流体研究センターの野上健治先生をお招きしてお話いただき、海底火山噴火に関する理解を深めて伊東市の防災に役立てることを目的としています。
 参加を希望される場合は、恐れ入りますがこのページのチラシ(PDF)をダウンロードしていただき事前申込をお願いします。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。
開催日 2012年12月16日()
時間 13:00~15:00
場所 伊東市役所 8階会議室
参加費 無料(事前申込が必要です)

1989年7月13日、伊東沖の水深約100mで海底噴火が起きました。この噴火によって火口の直径約200mの海底火山ができ、手石海丘と名付けられました。
今回、直接観察することができない水深約100mの手石海丘に採水用のホースを下ろし、火口内部の火口底周辺の海水を採取し、さまざまな分析が行われました。噴火から23年。最新の科学の目で見た海底火山の現状をご報告します。


申込み方法・問い合わせ先

伊豆半島ジオパーク推進協議会 TEL:0557-32-1784
電話・FAX・e-mailでお申込みください。

イベント一覧( カレンダー テキスト )に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。