HOME > イベント一覧 > 静岡大学発の先端研究を活用した大規模災害時における減災技術の実証試験の一般公開について

イベント

その他静岡大学発の先端研究を活用した大規模災害時における減災技術の実証試験の一般公開について

2013.03.08

本学では、「防災・減災のための静岡モデル」を作るために、防災総合センターを中心とした防災のための教育研究を推進するプロジェクトと、浜松キャンパスを中心とした減災のための教育研究、技術開発のプロジェクトを立ち上げ、安心・安全な地域作り、防災・減災関係の新産業の育成への貢献を目指しています。
この度、本プロジェクトでは、大規模災害時における減災技術の実証試験を一般公開します。
このプロジェクトは、(1)自立型エネルギー供給システム、(2)情報通信インフラ、(3)健康管理システム、(4)生活環境維持システムについて、災害に強く維持管理が容易で安価なシステムを作ることを目指しています。
10日の実証試験では、(1)自立型エネルギー供給システムでは、持ち運びができる太陽光電池と蓄電システムによる電源確保の実験、(2)情報通信インフラでは、管理が容易で災害に強い情報ネットワークの構築実験、(3)健康管理システムでは、血液量センサのデータを遠隔地の医師へ送信して、血栓の有無等のアドバイスを受ける実験およびパネルを用いた説明を行います。(4)生活環境維持システムについてはパネルの展示と説明を行います。
開催日 2013年03月10日()
時間 11:00~13:00
場所 浜松市南区役所1階ホール
参加費 無料

イベント一覧( カレンダー テキスト )に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。