HOME > イベント一覧 > The 8th International Nanotechnology/MEMS Seminar開催のお知らせ

イベント

シンポジウム等The 8th International Nanotechnology/MEMS Seminar開催のお知らせ

2014.11.10

開催日 2014年12月01日() ~2014年12月02日()
場所 アクトシティ浜松 中ホール
参加費 一般参加費:1,000円(学術シンポジウムⅠ、Ⅱは無料)
イベント詳細 The 8th International Nanotechnology/MEMS Seminarを下記のとおり開催いたしますので、多数御出席くださるよう何卒宜しくお願い申し上げます。
 なお、このセミナーはナノビジョン工学特別講義第二の対象講義として認められます。

大学院工学研究科(電子工学研究所) 
教授 中本正幸 Prof. Masayuki Nakamoto (TEL: 053-478-1306)
秘書 小野和恵 Ono Kazue : ono.kazue@shizuoka.ac.jp
第二部参加登録用E-mail: nakamoto.inms2014@gmail.com

Date :
Dec 1st (Mon), 2014
Part I Academic Symposium I: 11:15~16:50
Part II Rutsuko Yamagishi Piano Recital
- Cutting Edge Science and Technology Meet Classical Piano Music -

18:20(Doors Open/開場)、18:50(Curtain Time/開演)

Dec 2nd (Tue), 2014
Part III Academic Symposium II: 9:00~12:05

Place : Concert Hall/中ホール, Act City Hamamatsu/アクトシティ浜松
Registration Fee : Part I & III / Free,
            Part II / 1,000 Yen

【演奏プログラム(予定)】
L.vanベートーベン Ludwig van Beethoven (1770-1827):
ピアノソナタ第14番嬰ハ短調「月光」
Sonate f r Klavier Nr.14 cis-Moll "Sonata quasi una fantasi(Mondsheinsonate)" Op.27-2

F.リスト Franz Liszt (1811-1886):
12の歌(シューベルト)から From 12 Lieder von Franz Schubert, S.558
糸を紡ぐグレートヘン Gretchen am Spinnrade
アヴェ・マリア Ave Maria
魔王 Erlkonig

【休憩】

エステ荘の噴水(巡礼の年第3年Ⅳ)
Les jeux d'eaux a la Villa d'Este (Ann es de pelerinage Troisi me anne S.163 R.10 A283
ラ・カンパネラ(パガニーニ大練習曲より)La campanella (From Grandestudes de Paganini S.141 R.3b)
スペイン狂詩曲(スペインのフォリアとホタ・アラゴネーサ)
Rhapsodie espagnole(Folies d'Espagne et jota aragonesa) S.254 R.90

 このたび、ナノテクノロジー、MEMS、ナノマテリアル、グラフェン、量子ドット、ディスプレイ等の研究で著名な下記の方々(英国4名、仏国3名、米国2名、韓国6名、国内4名、計19名)が中本研を来訪されます。

 昨年に続き、第二部「先端科学技術とクラシックピアノ音楽との出会い(The Cutting Edge Science and Technology Meet Classical Piano Music)」を、世界的ピアニスト山岸ルツ子さんのピアノリサイタルにより、12月1日、18:20 開場、18:50 開演で、アクトシティ浜松・中ホールにおいて行います。

 (株)河合楽器製作所の御厚意により、本社から最高性能のピアノ及び国際調律技術者を提供して頂きます。

 山岸 ルツ子さんは、村上春樹氏の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」に始終登場する巨匠ピアニスト、ラザール・ベルマンの最後の弟子で、8年間、直接指導を受けた国際的ピアニストです。

 さらに、今回の趣旨に鑑み、楽器技術の飛躍的革新を遂げたロマン派の時代の作品を中心に演奏とトークで先端科学技術と音楽の精神の融合と調和を紡いで下さいます。

  ピアノリサイタルのみのご参加も歓迎致します。ご家族、ご友人等、皆様お誘い合わせの上、ご参加下さい。

Prof. William I. Milne, Cambridge University, U.K.
Prof. Andrew. J. Flewitt, Cambridge University, U.K.
Prof. Jack Silver, Brunel University, U.K.
Prof. George Fern, Brunel University, U.K.
Prof. Didier Pribat, Ecole Polytechnique/Sungkyunkwan University, France/Korea
Prof. Yvan Bonnassieux, Ecole Polytechnique, France
Prof. Francois Templier, CEA-LETI(Laboratory for Electronics & Information Technology), France
Prof. Vincent Lee, Columbia University, U.S.A.
Prof. Paul H. Holloway, University of Florida, U.S.A.
Prof. Jin Jang, Kyung Hee University, Korea
Prof. Oh-Kyung Kwon, Hanyang University, Korea
Prof. Kyu-Chang Park, Kyung Hee University, Korea
Prof. Jang-Hyuk Kwon, Kyung Hee University, Korea
Prof. Min Chul Suh, Kyung Hee University, Korea
Prof. Yoon-Ho Song, ETRI(Electronics and Telecommunications Research Institute), Korea
Prof. Yoshinobu Aoyagi, Ritsumeikan University, Japan
Prof. Hiroshi Fujiwara, Keio University, Japan
Prof. Masanori Muroyama, Tohoku University, Japan
Prof. Minoru Sasaki, Toyota Technological Institute, Japan


イベント一覧( カレンダー テキスト )に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。