HOME > ニュース一覧 > 農学研究科の轟(教授)と竹内(博士課程3年生)らが植物のストレス応答を制御する化合物の開発に成功しました

ニュース

トピックス農学研究科の轟(教授)と竹内(博士課程3年生)らが植物のストレス応答を制御する化合物の開発に成功しました

2014.05.07

静岡大学の轟 泰司(教授)および竹内 純(博士課程)、鳥取大学乾燥地研究センターの岡本昌憲(助教)らは、植物のストレスホルモンとして知られるアブジシン酸(ABA)受容体の立体構造に基づいた論理的分子設計により、ABA 受容体の機能を阻害する新奇化合物の創出に成功しました。ABAの作用を打ち消す化合物は世界初であり、これまでにない全く新しいタイプの農薬開発へと展開できる可能性があります。本研究が発展することにより、乾燥などの環境ストレスによる作物生産性低下を緩和できることが期待されます。

本研究は、静岡大学、鳥取大学、東京農業大学および理化学研究所を中心とした国際共同研究グループによる研究成果で、米国科学雑誌「Nature Chemical Biology」の掲載に先立ち、5 月5 日にオンライン版にて発表されました。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。