HOME > ニュース一覧 > 理学研究科成川礼講師ら研究グループが,遠赤色光を吸収する光変換・蛍光タンパク質を発見しました。

ニュース

ニュース理学研究科成川礼講師ら研究グループが,遠赤色光を吸収する光変換・蛍光タンパク質を発見しました。

2015.01.23

静岡大学の成川礼講師ら研究グループは,遠赤色光を吸収して光変換する新規の光センサータンパク質を発見し,遠赤色光照射により蛍光を発することも見いだしました。

静岡新聞社編集局調査部許諾済み

本研究は,東京大学の池内昌彦教授,佐藤守俊准教授らと共同で行ったものです。
本研究成果は,オンラインのScientific Reports 誌にて,2015年1月22日(木)(日本時間午後7時)に公開されました。

研究成果の詳しい内容は、プレスリリースをご覧ください。

同プレスリリースは、JSTを通じて文部科学記者会、科学記者会にも配布しました。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。