HOME > ニュース一覧 > 創造科学技術大学院の渡辺修治教授と学術院農学領域の大西利幸准教授ら研究チームが「高温に負けないバラの匂いの生成メカニズムの解明」を発表しました

ニュース

ニュース創造科学技術大学院の渡辺修治教授と学術院農学領域の大西利幸准教授ら研究チームが「高温に負けないバラの匂いの生成メカニズムの解明」を発表しました

2016.02.15

国立大学法人静岡大学 平田拓 研究員、大西利幸 准教授、渡辺修治 教授らと公益財団法人かずさDNA研究所 鈴木秀幸 グループ長、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社の共同研究チームは、バラの特徴的な甘い香り成分である2-フェニルエタノールの生合成研究に取り組み、バラが2-フェニルエタノールを作り出す二つの経路を季節に応じてシフトさせることを世界で初めて明らかにしました。また夏の高温時に働く2-フェニルエタノール生合成遺伝子を見出すことにも成功しました。本研究の成果により、今後予想される温暖化による高温環境においても香り豊かなバラを育種することが可能になります。
本成果は,国際科学専門誌Scientific Reportsのオンライン版 (日本時間2016年2月1日) に掲載されました。

詳しい内容は、プレスリリースをご覧下さい。

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。