HOME > ニュース一覧 > 静岡大学、国立中央青少年交流の家と包括連携協定を締結しました

ニュース

ニュース静岡大学、国立中央青少年交流の家と包括連携協定を締結しました

2016.03.04

協定書に署名する服部所長(左)と伊東学長(右手前)


握手する服部所長(左)と伊東学長

静岡大学は、平成28年3月1日付けで国立中央青少年交流の家との間で包括連携協定を締結しました。本学と国立中央青少年交流の家とは共に静岡県内に位置し、これまでも人事交流や学生らのボランティア実習、社会教育主事講習など様々な協力関係がなされてきたが、今後、更に連携体制をより強固なものにし、地域社会への更なる貢献を図っていくとのねらいで、今回の包括連携協定の締結が実現する運びとなりました。
  
 締結式は、静岡大学にて行われ関係者らが見守る中、静岡大学伊東幸宏学長、国立中央青少年交流の家 服部英二所長 双方より挨拶があり、伊東学長からは、「ふじの国で生まれ育った拠点施設・大学として、互いの強みを活かし、より連携を行う中で、共に発展し、より一層の地域貢献を果たしていきたい」、また、服部所長からは「この協定の締結がひとつのステップとなり、今後多様な形での具体的な交流・連携が深まればありがたい」などと期待を込めた発言があった後、伊東学長、服部所長が包括連携協定書に署名を行ないました。

 今回の締結を機に、これまでの実習関係や人事交流などでの協力だけではなく、静岡大学の総合大学としての特色を活かし、国際交流や就学支援における調査研究といった先端的取り組みについての協力など、多岐にわたる連携が期待されています。



写真撮影(服部所長(左)、伊東学長)

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。