HOME > ニュース一覧 > FM.Hiゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学第三期若手重点研究者出演企画 第3回目は、教育学部 竹下 温子准教授が出演しました

ニュース

ニュースFM.Hiゆうラジ!Radio魂内「静大スタイル」に本学第三期若手重点研究者出演企画
第3回目は、教育学部 竹下 温子准教授が出演しました

2016.10.24

 FM.Hi「ゆうラジ!Radio魂(76.9MH)」内「静大スタイル」のコーナーは、本学の公認サークル団体「CUE-FM放送研究会」が司会を務める番組です。毎週木曜日夕方5時25分から5時40分にオンエアしていますが、私たちが学ぶ静岡大学の先生をより身近に!をコンセプトに第3期若手重点研究者に選定された教員に各月で出演いただいています。
 今回のゲストは、教育学部学校教育教員養成課程教科教育学専攻家庭科教育専修 竹下温子(たけした はるこ)准教授で、10月20日(木)に生出演いただきました。


生放送前に司会の静大生と打ち合わせをする竹下准教授(右奥)


腸内フローラについて説明する
竹下准教授(奥)

竹下先生の専門は、「栄養学」。
 今回は先生が研究テーマの内、「ライフスタイルを考慮した運動パターンの違いによる腸内フローラの比較」を番組で重点的にお話していただきたいと考えております。
そこで、以下の質問にお答えください。

●この研究をするきっかけは何ですか。
 幼い頃、母親が栄養士をしていて、その職場に行ったとき「お母さんが作った料理はおいしいよ。」と患者さんに言われ、誇らしく思いました。それから、栄養学に興味を持ち始めました。その後、管理栄養士を目指しているうちに、研究の面白さを知り、博士時代に出会った研究の中で、これは絶対に腸内細菌も変わると思いこの研究に至っています。

●お母さんの手料理で好きなものは何ですか。
 私は鹿児島県出身なので、母が作る郷土料理の「とんこつ」が好きです。

●腸内フローラとは何ですか。
 腸内にいる様々な菌の集合体のことです。腸の環境を整えている細菌叢(さいきんそう)の割合ですね。よく知られているのにビフィズス菌のような善玉菌と大腸菌のような悪玉菌があります。

●運動はどのように腸内フローラに関係してきますか。
 運動を行うことで、腸の蠕動(ぜんどう)運動も活発になるため、排便を促す(直接的)ことにより、悪玉菌を減少させます。また、適度な運動はストレス発散になるため、ストレスによる悪玉菌の増加を阻止(間接的)すると考えられます。本研究では、ライフサイクルは人によって様々ですので、どのくらいの運動を行う事が、最も良い腸内環境を維持できるかを、動物実験により検証しようと考えています。

●今の研究をされる前にはどのような研究をされていましたか。
 鹿児島で研究を行っていたころは、鹿児島黒毛豚の系統解析や黒酢の研究を行っていました。静岡に来てからは、緑茶と生姜の組み合わせによる脂肪蓄積抑制効果についての研究も行っています。

●理想とされる「健康的な生活」とは何ですか。
 消費カロリーを増やす=適度な運動を行うこと。ダイエットというと食事制限をする人が多いですが、摂取カロリーを制限してはいきいきと活動できません。ですので、食べたいものを我慢するのではなく、好きなものを食べた分、動けばいい。これが、いきいきと健康的な生活を送るコツと思います。

●静大生に求めること。どんな学生に入学して欲しいですか。
 静大生はとても優しい!ですが、自分にも優しいので、自分に強くなってほしいと思います。壁を乗り越えられる強さを持って、多くのことに積極的にチャレンジして頂きたいと思っています。

教育学部家庭科教育専修URL  http://www.ed.shizuoka.ac.jp/171/

次回の放送は、12月15日(木)の出演は、情報学部行動情報学科 狩野芳伸(かの よしのぶ)准教授を予定しています。
どうぞ、お楽しみに!


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。