HOME > ニュース一覧 > 国立大学法人静岡大学の平成27年度に係る業務の実績に関する評価結果について

ニュース

お知らせ国立大学法人静岡大学の平成27年度に係る業務の実績に関する評価結果について

2016.11.16

国立大学法人静岡大学
学長 伊東 幸宏

国立大学法人静岡大学の平成27年度に係る業務の実績に関する評価結果について


 平成28年11月15日に国立大学法人評価委員会委員長から「国立大学法人静岡大学の平成27年度に係る業務の実績に関する評価結果について」の通知がありました。
評価結果は、【全体評価】及び【項目別評価】により構成され、それぞれの概略は下記の通りです。

【全体評価】
 静岡大学は、“自由啓発・未来創成”のビジョンに基づき、人材育成を旨とし、質の高い教育と創造的な研究を推進し、社会と連携し、ともに歩む存在感のある大学を目指している。第2期中期目標期間においては、国際感覚と高い専門性を有し、チャレンジ精神にあふれ、豊かな人間性を有する教養人を育成すること等を目標としております。
 全体評価では、この目標達成に向けて「学長のリーダーシップの下、全学の教育マネジメントを担う体制として「全学教育基盤機構」を設置し、教育、学生支援、入学者選抜及び国際交流に関する基本方針等について、全学的な視点からの議論を可能としているほか、動画コンテンツ作成機器を設置して学修環境の整備充実を進めているなど、“法人の基本的な目標”に沿って計画的に取り組んでいることが認められる。」とされています。
 また、全体評価のなかでは、[戦略性が高く意欲的な目標・計画の取組状況]として、本学が産業界と連携したグローバル人材教育システムを構築し、アジアを中心とした企業の海外展開等を支える国際人材の育成に取り組む計画について触れ、「平成27年度は、人材育成プログラム“アジアブリッジプログラム(ABP)”を開始し、学士課程11名、修士課程48名が平成27年10月に入学している。また、50余の企業等が参加しABPを支援する「ABP連絡会」を立ち上げるとともに、「大学改革シンポジウム」を開催するなど、産業界との連携を強化している。」と評価されております。


【項目別評価】

Ⅰ.業務運営・財務内容等の状況
(1)業務運営の改善及び効率化に関する目標(計画数13)
(2)財務内容の改善に関する目標(計画数5)
(3)自己点検・評価及び当該状況に係る情報の提供に関する目標(計画数7)
(4)その他業務運営に関する重要目標(計画数7)
の、いずれの目標についても、計画に対して、「年度計画を上回って実施している」又は「年度計画を十分に実施している」と認められており、評定についても、全ての項目において「中期計画の達成に向けて順調に進んでいる」とされております。

 なお、平成27 年度の実績のうち、特に下記の4点が「注目される」ものとして評価されました。
 〇全学的な観点からの教員配置と選考を行う体制の構築
 〇「全学教育基盤機構」の設置による各部局の連携体制の強化
 〇寄附金獲得の増加に向けた体制の強化
 〇達成状況を踏まえた施設環境に係る構築指針・行動計画の策定

Ⅱ.教育研究等の質の向上の状況
 平成27 年度の実績のうち、特に下記の2点が「注目される」ものとして評価されました。
 ○教育効果を高める学修環境の充実
 ○地域企業との連携強化

 第2期中期目標期間の最終年度である平成27年度の業務について、本学は自ら定めた中期計画の達成に向けて全て順調に取り組んでいると評価されました。

 今年度は第3期中期目標期間の初年度となります。
 〇学際教育及び教育の国際化の推進、理工系人材・地域の求める人材・グローバル人材の育成、教育の質保証の推進
 〇重点研究分野の組織的展開など学術文化の向上に寄与する研究の推進と成果の社会への還元
 〇地域における知の拠点としての地域との協働
 〇多文化が共生するグローバルキャンパスの実現
 など、更に教育・研究力を高め、第3期に掲げている目標・計画を着実に達成することを目指します。
 本学のビジョンである“自由啓発・未来創成”の理念の下、地域社会とともに発展していきたいと考えておりますので、一層のご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 なお、国立大学法人評価委員会の「平成27年度に係る業務実績の評価結果」(全文)は、文部科学省のWebページに公開されています。(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/detail/1379043.htm

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。