HOME > ニュース一覧 > 国際深海科学掘削計画(IODP)第366次研究航海の開始について ~マリアナ前弧域蛇紋岩泥火山掘削~

ニュース

ニュース国際深海科学掘削計画(IODP)第366次研究航海の開始について
~マリアナ前弧域蛇紋岩泥火山掘削~

2016.11.30

 この度、国際深海科学掘削計画(IODP: International Ocean Discovery Program)の一環として、「マリアナ前弧域蛇紋岩泥火山掘削」(別紙参照)を実施するため、米国が提供するジョイデス・レゾリューション号の研究航海が12月8日から開始されます。

 本研究航海では、ODP第195次研究航海において南チャモロ海山に設置された人工蛇紋岩流体噴出孔(CORK)の回収と簡易人工蛇紋岩流体噴出孔(A-CORK)の再設置を行うとともに、ブルームーン海山、ビッグブルー海山、セレスティアル海山の頂部と麓部を数100m掘削し、それぞれ頂上の掘削孔にA-CORKを設置することを計画しています。

 本研究航海では、掘削試料の詳細な地質学的・岩石学的分析と物性・化学・微生物学的分析を通じて、マリアナ弧のマントルウェッジを構成する岩石の性質や地質学的諸現象、同じマリアナ前弧域に存在しながらも異なる特徴を有するそれぞれの蛇紋岩泥火山やその蛇紋岩流体の成因、そして蛇紋岩泥火山海底下環境に形成される極限環境生命圏の存在様式を明らかにすることを目的としています。

詳細については、以下のプレスリリースをご覧ください。  


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。