HOME > ニュース一覧 > 井上翼准教授(工学領域・電子物質科学系列)の「配列多層カーポンナノチューブによるデータグローブ」が応用物理の表紙に掲載されました

ニュース

ニュース井上翼准教授(工学領域・電子物質科学系列)の「配列多層カーポンナノチューブによるデータグローブ」が応用物理の表紙に掲載されました

2016.12.07

左)紡績性CNTフォレストの電子顕微鏡写真、右)カーボンナノチューブ紡績糸の電子顕微鏡写真


CNTストレッチャブルセンサを取り付けたデータグローブ試作品

井上翼准教授(工学領域・電子物質科学系列)によるカーポンナノチューブの新技術(乾式プロセスで短時間に大量のカーポンナノチューブ(CNT)を配列させる技術)が応用物理(2016年12月号)に解説記事として掲載されました。また、応用技術としてヤマハ株式会社と共同開発を進めてきた配列多層CNTストレッチャブル変位センサを指関節部に配したデータグローブの画像が同誌の表紙に採用されました。
本開発では、静岡大学で開発された一方向配向CNTシートの電気接触変化を利用することにより、高感度・高速応答性・高線形性の変位センサを実現しました。データグローブは指の繊細な動きをリアルタイムで電子データ化することができ、バーチャルリアリティ技術などへ展開が期待されています。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。