HOME > ニュース一覧 > オートファジーのスイッチを入れる酵素を特定(理学部 丑丸敬史教授研究グループ)

ニュース

ニュースオートファジーのスイッチを入れる酵素を特定(理学部 丑丸敬史教授研究グループ)

2016.12.15

 大隅良典先生のノーベル賞受賞の対象となった「オートファジー」は細胞内の不要物を除去し細胞の老化を抑制する作用を持ちます。細胞のオートファジーを活性化させることで神経変性疾患を含めた病気の治療効果が期待されていますが、オートファジーがどのように細胞内で制御されているか、不明な点が数多く残っています。
 本学理学部の丑丸敬史教授の研究グループは、そのオートファジー誘導の仕組みを探るために、酵母の脱リン酸化酵素に着目し研究を進めました。研究には大隅先生と同様に出芽酵母を用いて行いました。その結果、2種類のPP2A型の脱リン酸化酵素が活発にオートファジーを起こすために必要であることを突き止めました。PP2A遺伝子を欠損させた酵母細胞ではオートファジーを起こす仕組みが正常に作動せず、オートファジーが十分に誘導されませんでした。ヒト細胞にも同様なPP2A酵素があることから、今後、この酵素の働きを高めることでオートファジーを効率良く起こすような薬剤の開発等にも役立つことが期待されます。
 本研究成果は、米国の“The Public Library of Science ONE”社の刊行するオンライン科学誌 “PLOS ONE” に2016年12月15日 (木) 午前4時 (アメリカ東部標準時 午後2時) に掲載。

詳細については、以下のプレスリリースをご覧ください。  


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。