HOME > ニュース一覧 > インフラ点検ロボットに搭載できる高エネルギーX線非破壊検査装置を開発(電子工学研究所 青木徹教授研究グループ)

ニュース

ニュースインフラ点検ロボットに搭載できる高エネルギーX線非破壊検査装置を開発(電子工学研究所 青木徹教授研究グループ)

2016.12.21

 ~ポータブルバッテリーで駆動し、インフラ構造物などを現場で容易に非破壊検査~

ポイント
・カーボンナノ構造体X線源と高エネルギーX線対応検出器により実現
・1ショット0.1秒のX線照射で鉄5 cm厚、複数ショットで鉄7 cm厚の透過イメージングが可能に
・インフラ構造物の効率的な非破壊検査を可能にし、安全安心な社会の実現に貢献

概 要
 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構【理事長 古川 一夫】(以下「NEDO」という)のプロジェクトにおいて、国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)分析計測標準研究部門【研究部門長 野中 秀彦】 鈴木 良一 首席研究員、同研究部門 X線・陽電子計測研究グループ 加藤 英俊 主任研究員、放射線イメージング計測研究グループ 藤原 健 研究員は、国立大学法人 静岡大学【学長 伊東 幸宏】 電子工学研究所 青木 徹 教授とともに、バッテリーで駆動するロボットに搭載できる、小型で軽量の高エネルギーX線非破壊検査装置を開発した。
近年、老朽化したインフラ構造物の安全性を評価する技術の開発が喫緊の社会的課題になっている。インフラ構造物の検査には、X線を用いた非破壊検査が有効であるが、ロボットなどを用いて効率的な検査を行うには小型軽量で高い透過能力を持つX線検査装置が必要とされていた。
今回開発した装置は、カーボンナノ構造体を用いた管電圧200 kV以上の高エネルギーX線源と高エネルギーX線に対応した検出器からなり、1ショット0.1秒のX線を照射すると5 cm厚、複数ショットで7 cm以上の厚さの鉄鋼部材の透過イメージングができる。また、小型軽量で、ポータブルバッテリーで駆動できるため、この装置を、インフラ構造物などを検査するロボットに搭載すれば効率的な非破壊検査を行えるようになる。また、インフラ構造物の老朽化による事故を低減し安全安心な社会への貢献が期待される。

詳細については、以下のプレスリリースをご覧ください。  


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。