HOME > ニュース一覧 > 海外同窓会ベトナム支部の立ち上げ会をハノイで開催

ニュース

ニュース海外同窓会ベトナム支部の立ち上げ会をハノイで開催

2017.03.27

集合写真


同窓会執行部の選出

017年3月4日にベトナム・ハノイ市内において、静岡大学海外同窓会のベトナム支部の立ち上げ会が開催されました。静岡大学の海外同窓会の立ち上げは、2012年7月のインドネシア、2014年3月のタイに続いて、3支部目となります。
同会には、ホーチミンやハイフォン、ダナンなどベトナム各地はもちろん、日本からも元留学生が総勢約25名集まり、静大卒業生を含む静岡県内外の企業のベトナム拠点駐在員や静岡県人会の方々、協定大学と静岡大学の教員、海外職員研修として参加する本学職員も加わり、総勢43名の集まりとなりました。
前半の同窓会ミーティングは、鈴木滋彦副学長(国際戦略担当)の開会の挨拶、松田紀子教授(国際交流センター)による「静岡大学におけるベトナム留学生の概況と本学の近況」の報告に続いて、ベトナム同窓会執行部として、初代会長にベトナム卒業生1名、副会長にベトナム・日本の卒業生2名、特徴あるプログラム(工学部NIFEE、創造科学技術大学院環境リーダープログラム、農学部短期研修受入れ)の卒業生代表各1名が、それぞれ選出されました。この同窓会ベトナム支部の立ち上げに対して、本学協定校のハノイ国家大学外国語大学副学長であり、ベトナム元日本留学生協会(JAV)会長でもあるNgo Minh Thuy先生より、本学海外同窓会ベトナム支部の立ち上げへの祝辞と花束をいただきました。


ハノイ国家大学外国語大学 Ngo Minh Thuy副学長


ベトナム国立林業大学 Dr. Pham Van Chuong副学長 (右)

続いて、野澤義明特任教授(グローバル企画推進室)による「静岡大学アジアブリッジプログラム(ABP)」の紹介をはさんで、後半の交流会は、前田千尋理事・事務局長による開会の挨拶に始まり、本学協定校のベトナム国立林業大学Dr. Pham Van Chuong副学長による乾杯の挨拶、元留学生の近況の報告、企業の方々からのご挨拶、と続きました。の新江利彦特任准教授(グローバル企画推進室)と元静大留学生達が司会を務め、楽しい会に彩りを添えてくれました。
静岡大学では、1970年代から今日までのベトナム人学生在籍総数約160名のうち、現在、在籍中の学生数が約50名を越えており、今後学業を終えて卒業する留学生が増えていく時期にあります。今回の海外同窓会ベトナム支部の立ち上げは、その受け皿として今後の発展が期待されるもので、今回の懐かしい再会、新しい出会いをきっかけに、今後も更なる発展に向け、元留学生のみならず、静岡の企業、自治体、静岡大学、協定校間のネットワークの基盤として活動していく予定です。



近況報告する元留学生

ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。