HOME > ニュース一覧 > 動物実験代替を目指した化合物の毒性と薬効スクリーニングシステムの開発(工学部 金原 和秀教授)

ニュース

ニュース動物実験代替を目指した化合物の毒性と薬効スクリーニングシステムの開発(工学部 金原 和秀教授)

2017.04.20

静岡新聞 2017/4/19 掲載記事
(静岡新聞社許諾済)

 静岡大学工学部 金原和秀・教授が、動物実験を代替することを目指して、化合物の毒性や生理活性作用などの薬効をスクリーニングする、新しいスクリーニングシステムを開発しました。
河川や消化管・血流など流れのある環境を模擬したフロー型多検体検出システムで、化合 物が微生物細胞に与える影響を、メッセンジャーRNA という、タンパク質を合成する鋳型とな る遺伝情報の細胞内での量的変動を、蛍光発光を測ることによって、評価するシステムを開発しました。
 これまで、蛍光物質で染色すると、細胞が蛍光物質の毒性でダメージを受ける欠点がありましたが、本手法は細胞に影響を与えることなく計測することが可能です。

 詳細は、以下のプレスリリースを参照下さい。


 


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。