HOME > ニュース一覧 > 植物熱耐性向上資材研究開発コンソーシアム設立のご案内

ニュース

ニュース植物熱耐性向上資材研究開発コンソーシアム設立のご案内

2017.10.17

看板上掲式の様子。 左から、
原教授、三ツ井教授(新潟大)、石井学長、杉山統括本部長((株)メニコン)、平塚教授(三重大)

 平成29年5月1日に静岡大学、三重大学、新潟大学、株式会社メニコンが共同で設立しました「植物熱耐性向上資材研究開発コンソーシアム」に関し、本学において10月16日に設立式を挙行し、学内に推進室(専用のラボ)を下記の通り開室しましたので、ご報告申し上げます。
 本コンソーシアムは、平成26年4月より開始した本学グリーン科学技術研究所、株式会社メニコンとの共同研究から派生した組織であり、「植物熱耐性向上資材」の製品開発を目指すものです。既に関連技術は、共同特許出願を実施しております。また、将来の商品化は株式会社メニコンが担います(平成31年の商品化を目指す)。本推進室開室に伴い、より一層本コンソーシアムの研究開発が推進され、商品開発に寄与するものと考えます。


静岡新聞10月17日掲載記事
(静岡新聞社編集局調査部許諾済)

<推進室設置場所>
静岡大学 静岡キャンパス 総合研究棟 425号室

<研究代表者>
静岡大学 グリーン科学技術研究所  教授 原 正和
三重大学 生物資源学部       教授 平塚 伸
新潟大学 農学部          教授 三ツ井 敏明
株式会社メニコン 生産開発統括本部 課長 杉江 稔正


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。