HOME > ニュース一覧 > 工学部 機械工学科の能見教授がミニ宇宙エレベーター衛星STARS-Meの宇宙放出計画を発表しました

ニュース

ニュース工学部 機械工学科の能見教授がミニ宇宙エレベーター衛星STARS-Meの宇宙放出計画を発表しました

2017.11.13

静岡新聞2017/11/10掲載記事(静岡新聞社許諾済)


記者発表の様子(能見教授)

 平成29年11月9日(木)、静岡大学浜松キャンパスにおいて、工学部能見公博教授が、ミニ宇宙エレベーター衛星STARS-Me(STARS-Mini elevator)の宇宙放出計画を発表しました。
 記者発表には、7社の報道機関が取材に訪れ、能見教授からSTARS-Meの特徴やプロジェクトの概要について説明しました。
 ミニ宇宙エレベーター衛星STARS-Meは、2機のCubeSat(一辺10cmの立方体衛星)から構成されており、軌道上においてテザーに繋がれた2機の衛星が分離され、テザー上を超小型移動ロボット(クライマー)が移動する実験を行います。
 なお、地上から宇宙へと繋げる宇宙エレベーター構想と比較すると、極端に小規模なものですが、このような宇宙実験は世界初となります。
 また、この実験は、宇宙エレベーターのみならず、宇宙テザーを利用したミッション、例えば宇宙デブリ除去への応用も視野に入れています。
 宇宙実験を実施する超小型衛星STARS-Meは、静岡大学としては、3機目となる衛星で、平成30年度に国際宇宙ステーションから宇宙へ放出を行うため、現在、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との放出契約手続きを行っています。


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。