HOME > ニュース一覧 > 第1回超領域研究会を開催いたしました

ニュース

トピックス第1回超領域研究会を開催いたしました

2011.06.06

碓氷本部長挨拶


ナノバイオ分野活動説明(朴龍洙ナノバイオ分野リーダー)

静岡大学では、これまで、アジア研究、極限画像科学、ナノバイオ科学、グリーン科学技術の4分野を重点研究分野として進めています。しかし、東日本大震災を受け、防災、環境・エネルギー、健康、農産物等の食の安全、医療・福祉、安全・安心、危機管理等の関心が高まってきており、これらを解決するためには、これまでの研究分野の枠にとらわれず、分野の壁を越えた新しい研究分野の構築が必要となってきています。
このような状況を踏まえ、本学では、これからの複雑で難解な社会を生き抜く「生存戦略」とでも呼ぶべき総合的な戦略の構築につながる研究分野を「超領域」と名づけ、その推進主体として「超領域研究推進本部(統括:鈴木款・創造科学技術大学院教授・生物地球化学、サンゴ礁学)」を設置、超領域に研究を展開しようと意気込む熱意ある教員約180名の参画を得ました。そして、このたび、静岡、浜松の両キャンパスから108名出席による「第1回超領域研究会」を静岡キャンパスにおいて開催いたしました。
本研究会では、既存の重点分野のリーダー、サブリーダーが超領域を想定した研究推進方策を発表するとともに、活力ある若手研究者が自己推薦のもと発表いたしました。
本取り組みは、本学としても今までにない取り組みであり、社会のニーズを踏まえた、新たな世界を切り拓く大きな力になるものと期待しております。


若手研究者発表(平川和貴准教授)

日時:平成23年6月2日(木) 14:45~17:45
場所:静岡大学人文学部大講義室
主催:静岡大学超領域研究推進本部
参加者:本学の教員・研究員・学生・職員等あわせ 108名

議事次第
1 挨拶 (伊東幸宏 静岡大学長)
2 全体説明(碓氷泰市 超領域研究推進本部長・理事(研究・情報)/副学長)
3 各分野活動説明
  極限画像分野 (三村秀典電子工学研究所長・教授)
  ナノバイオ科学分野 (朴龍洙創造科学技術大学院教授)
  アジア研究分野 (上利博規人文学部教授・アジア研究センター長、戸部健人文学部准教授)
  グリーン科学技術分野 (鈴木款創造科学技術大学院教授、岡島いづみ工学部准教授)
4 若手からの研究発表
  青木徹、岩田太、丑丸敬史、尾形慎、加藤竜也、小池亨、小谷真也、Susanne Baldermann、徳元俊伸、
  平井浩文、平川和貴、福田直樹  以上12名
5 統括 (鈴木款 超領域研究推進本部 統括)


ニュース一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。