HOME > 輝く静大生 > 箭内一繁さん(理学研究科修士課程2年)、田澤翔平さん(理学研究科修士課程1年)が第3回CSJ化学フェスタで優秀ポスター賞を受賞しました

輝く静大生

箭内一繁さん(理学研究科修士課程2年)、田澤翔平さん(理学研究科修士課程1年)が第3回CSJ化学フェスタで優秀ポスター賞を受賞しました

2013.11.13

本学大学院理学研究科化学専攻修士課程2年の箭内一繁さんと、同修士課程1年の田澤翔平さんが、平成25年10月21-23日にタワーホール船堀(東京)で開催された第3回CSJ化学フェスタで優秀ポスター賞を受賞しました。箭内さんの講演タイトルは「トリスウレア分子の自己集合によるpH応答性超分子ヒドロゲルの構築」で、独自に合成したトリスウレア分子が、自己集合により超分子ヒドロゲルを形成し、さらにpHに応じてゲル-ゾル相転移することを明らかにしました。田澤さんの講演タイトルは「超分子ヒドロゲルを担体としたタンパク質電気泳動」で、超分子ヒドロゲルを用いたタンパク質電気泳動において、界面活性剤の濃度によりタンパク質の移動度が制御できることを明らかにしました。本会は産官学から2000名以上の研究者が集まり、全943件のポスター発表の中から160件が優秀ポスター賞として選出されました。
箭内さん田澤さんの指導教員は、本学理学研究科化学専攻の山中正道准教授です。


輝く静大生一覧に戻る

このページについてのお問合せ先
このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問合せください。
ウェブページの改善にご協力ください
必要な情報を適切に公開するため、ウェブページの改善に努めています。皆様の貴重なご意見をお寄せください。

※このサイトにはJavaScriptが含まれております。JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。